何これ可愛い♡カラフル&ポップな #おいり が写真映えするトッピングとして話題に!

インスタで話題の #おいり

アイスクリームやパフェ、かき氷などのスイーツに、カラフルなパステルカラーの小さい球体がポンポンとのかって、なんともいえないかわいさ!
この可愛いまるいものの正体は、あられの一種である「おいり」というお菓子なんです。
インスタグラムで #おいり のハッシュタグで検索すると2.7万件以上も出てくるほど、「インスタ映え」するスイーツトッピングとして今若い女性から注目を集めています。

インスタ「#おいり」の画像一覧

丸くて小さいお菓子「おいり」とは

おいりは、香川県や愛媛県の一部で生産されている、あられに似たお菓子。形は1cm前後の球体で、とても軽くサクサクとした食感で、口に入れるとホロリと溶けます。味は雛あられに似ていてほんのり甘みを感じます。
必ず1色ではなく、白やピンク、水色や黄色など、薄いパステルカラーで、複数色のものが混ざって売られています。

香川県では結婚式の引き出物として使われている縁起物の伝統菓子です。確かに筆者も香川県出身のお友達の結婚式でいただいたことがありました。

トッピングとして活躍!

元々は引き出物として用いられたおいりなので、そのまま食べるのが通常の食べ方ですが、最近はその可愛らしい見た目と、味の主張が強くないということから、トッピングとして現代風にアレンジされるようになりました。

インスタでもよく見かける、トッピングアレンジ例をご紹介します。

アイスやソフトクリームに

おいりは軽くて表面が少しザラっとしているので、ソフトクリームなどに対して横向きにくっついても落ちないんです。なんだかクリスマスツリーのオーナメントみたいで可愛いですね。

この他にカフェのフロートドリンクや、クレープなどもありました。

ケーキなどの洋菓子に

シンプルなモンブランやショートケーキにも、カラフルなおいりをぱらっと載せるだけで、パッと華やかになりますね。

ぜんざいやかき氷など和の甘味に

そのままでも、トッピングでも、美味しくてかわいい「おいり」を試してみて

元々は縁起物のお菓子「おいり」はみているだけで気持ちが明るくなる楽しくなるような不思議な魅力があります。
日本の伝統菓子のおいりをこの機会にぜひ手にとってみてはいかがですか。

Amazonでも購入できます

https://jobikai.com/recipe-1563

ディセンシアで敏感肌を美しく!気になる3シリーズのトライアルセットを徹底比較!

ポーラ・オルビスグループの注目ブランド「ディセンシア」が気になる!

筆者も乾燥性敏感肌に悩むひとり。セラミドケアのできるスキンケアアイテムもいくつか試してきましたが今回注目したのは「ディセンシア」です。

ディセンシアは、敏感肌専門ブランドとして、ポーラ・オルビスグループから誕生しました。ベーシックケアの「tsutsumi(つつむ)」、アドバンス ホワイトニングケアの「saeru(サエル)」、プレミアム エイジングケアの「ayanasu(アヤナス)」の3つに大きく分かれるディセンシア。シンプルにカラー分けされた3つのシリーズは、それぞれにセラミドを与えながら肌悩みにアプローチしてくれるとても魅力的なアイテムです。

それだけの効果を期待できる反面、お値段が安いわけではありません。ただ、1人につき1度だけ、とてもお得にトライアルセットを購入できるチャンスが!筆者はこのチャンスを活かして、3種類すべてを徹底比較してみたので、ご紹介いたします。

3シリーズのトライアルセットを徹底比較!

①tsutsumu(つつむ)

まず一番ベーシックなケアができるという「つつむ」。セラミドの他にディセンシア独自の成分が組み込まれ、うるおいを満たしながらバリア機能を整え、すこやかな肌リズムへと導いてくれるシリーズです。

クレンジング・洗顔料で洗うところからしっかりとケアができるのが、この「つつむ」。洗うケアにもこだわりたい人には嬉しいですよね。

個人的に個性を感じたのはクリーム。たっぷり10日分使えるのはリッチタイプのクリームなのですが、まるでバームのようなテクスチャーでしっかりと肌にヴェールをつくり、うるおいを守ってくれる構造です。

仕上がりがさらっとしているので、ベタつきが気になる人には良さそうですが、商品の構造上、好みが分かれそうというのが正直な気持ち。ですが翌朝も満足できる肌だったので、筆者は夜用として継続してみたくなりました。

「つつむ」はディセンシアの中でも手ごろな価格で購入できるシリーズなので、肌荒れが気になったときのケアにも良さそうです。

DECENCIA tsutsumu(つつむ)商品ページ

②saeru(サエル)

セラミドをサポートしながら、しっかりと美白ケアができる「サエル」。紫外線などによるシミだけではなく、ストレスによりシミが加速するというメカニズムに着目し、独自成分はもちろん、美白有効成分も配合された医薬部外品で、透明感のある肌を目指せるシリーズです。

10日間たっぷり試せるのは、化粧水・美容液・クリームの3種類。化粧水はとてもさらっと、美容液は乳液タイプで肌になじみやすいくなっています。柔らかすぎず、ベタつきを感じることのないクリームは、夏にも使いやすいテクスチャーだなと感じました。

乾燥肌の人には、化粧水や美容液のさらっとした感じが少しもの足りないと感じることもあるかもしれません。ですが上からフタをしてくれるクリームがしっかりとカバーしてくれる印象。

筆者を含め、肌が敏感な人が刺激を感じやすい美白化粧品ですが、使い続けても肌荒れを起こしたり刺激を感じることもなかったので、使いやすい美白アイテムと言えるでしょう。

DECENCIA saeru(サエル)商品ページ

③ayanasu(アヤナス)

敏感肌特有のエイジングケアに着目した「アヤナス」。3つのシリーズの中でもよりリッチな使用感で、肌荒れを防止しながらゆらぐ肌を立て直し、ハリ・弾力のある肌を目指せます。

サエルと同じく、化粧水・美容液・クリームの3種類をたっぷり試すことができますが、とろんとした化粧水から、サエルとはまったく違った感覚を味わうことができるアヤナス。美容液は割とさらっとした乳液タイプですが、クリームはこっくりとしていて、しっとりと保湿されているという実感ができます。

ベタつきが苦手な方には重たく感じてしまうかもしれませんが、乾燥の気になる冬場には良さそうです。

DECENCIA ayanasu(アヤナス)商品ページ

3シリーズ比較まとめ

筆者が実際にしっかりと試した「ディセンシア」の3シリーズ。それぞれに特徴があり、次のような人におすすめです。

■tsutsumu(つつむ)……シンプルにしっかり保湿したい人。肌荒れが気になっているときにも使いやすい。

tsutsumu のトライアルセットはこちら

■saeru(サエル)……美白ケアを取り入れたい敏感肌の人。さらっとしたテクスチャーが好みの人。

saeru のトライアルセットはこちら

■ayanasu(アヤナス)……しっかりと保湿をして土台からつくり、エイジングケアも取り入れたい人。

ayanasu のトライアルセットはこちら

トライアルだから気軽に試せる!乾燥肌・敏感肌の人は要チェック

特に肌に刺激を感じることもなく、どのシリーズもとても使いやすくバランスの整った印象をもちました。現品を購入した場合はお値段もそれなりにかかりますが、今のスキンケアアイテムと合わせながら、まずは化粧水だけ・まずはクリームだけという取り入れ方も良さそうです。

筆者は個人的に使うとしたら、夏は「サエル」・冬は「アヤナス」といった使い方をしながら、肌が敏感な時期には「つつむ」を活用したりと使い分けても良さそうだなと感じました。

今回ご紹介したトライアルセットは、すべて初回1,480円で試せるので、乾燥肌や敏感肌が気になっている人には、オススメしたいアイテムです。

気になるセラミドケアはしっかりとおさえつつ、独自の技術でのケアはとても魅力的。さらにパッケージデザインやテクスチャーはもちろん、香りもそれぞれに違い、翌日の肌の状態が楽しみにもなるので、気になる方はぜひ一度試してみてくださいね!

DECENCIA 公式サイト

https://jobikai.com/recipe-1559