飲む日焼け止めを飲むべきただ1つの理由-たとえ塗る日焼け止めの代わりになずとも

前回記事:「飲む日焼け止め」はどんな効果?

飲む日焼け止めの日焼け止め効果はSPF1.5程度

まずはおさらいですが、飲む日焼け止めによる炎症防止効果は、公式に発表されている研究報告によれば最大で56%の増加となっており、これはニュートロックスサン250㎎を3か月間毎日飲み続けた場合の効果となっています。

炎症防止効果が56%の増加というと分かり難いですが、これは例えば通常であれば30分で日焼け(肌に炎症を起こす)人が、飲む日焼け止めを飲みつづければ日焼けするまでの時間が46分間程度まで伸びるという事。
日焼け止めとして馴染みがある言葉ではSPFという言葉がありますが、SPFでいえば1.56という数値の効果があるという事になります。

普段使っている日焼け止めのSPFを見ればわかりますが、普通日焼け止めの効果をうたっている商品はどれを見てもSPF10以上。SPFが1.5程度では、明らかに塗る日焼け止めの代わりにならないという事が分かります。

これだけだと「飲む日焼け止めの効果が無い」というように思ってしまうのですが、実は飲む日焼け止めを飲むべき大きな理由があるのです。

飲む日焼け止めの効果は“掛け算”

その理由というのが飲む日焼け止めによる日焼け防止効果は掛け算の効果があるという事。

普通、日焼け止めというのは複数の種類塗ってもその効果は足し算で、例えばSPF10の化粧下地と、SPF20のUVケアファンデーションを使ったら、合計のSPFは30。日焼けまでの時間を30倍に伸ばす事ができます。
これは塗る日焼け止めが肌に届く紫外線の量を減らすものであるため、単純に重ね塗りすればその効果が足し合わされるという事になるためです。

しかし、一方で飲む日焼け止めの効果は肌そのものを紫外線に対して強くするもの。
そのため、塗る日焼け止めと一緒に使うと日焼け止め効果を掛け算で強化する事が可能となります。
これは例えばニュートロックスサンを飲んで日焼け防止効果が56%発揮された状態だとすると、先ほどのSPF10の化粧下地とSPF20のファンデーションを使ったとして、最終的な日焼け防止効果は「(10+20)×1.56」の46.8になるという事です。

つまり、飲む日焼け止めを飲んだ上で塗る日焼け止めも併用すれば、その効果を大幅に増加させる事が可能となるため、紫外線に対するケア効果を大きく引き上げる事が可能となるのです。

飲む日焼け止めを選ぶ時は効果が実証されているものを

飲む日焼け止めにも色々な成分の種類が出ていますが、その中でしっかりと効果の研究報告があるものは以下となっています。

フェーンブロック(ファーンブロック)

医療機関専売の飲む日焼けどめである「ヘリオケア」の主成分であるフェーンブロック。
毎日1000㎎を飲み続ける事で、15日後に14.57%、29日後に20.37%の日焼け防止効果が得られたという研究報告(※)があります。

※1.Sergio.S. 2014. The benefits of using a compound containing Polypodium leucotomos extract for reducing erythema and pigmentation resulting from ultraviolet radiation. Surg Cosmet Dermatol;6(4):344­8.

ニュートロックスサン

10名をサンプルとした研究報告で、ニュートロックスサンを250㎎毎日飲み続けた所、57日で34%、85日で56%の日焼け防止効果が得られたとされています。

ニュートロックスサンの研究報告

クロセチン

飲む日焼け止めとしては少ない方ではありますが、クロセチンという成分も日焼け防止効果の試験結果が理研より発表されています。
こちらは長期的な服用ではなく、クロセチンを15㎎含むカプセルを服用し、その4時間後に紫外線を照射した際の肌の赤み(紅斑)を検証したもの。
クロセチンを服用する事で、赤みを20%抑える事が出来たという事で、ややこしいのですが日焼け防止効果に換算すると25%(100÷(100-20))なので、服用した直後にSPF1.25程度の効果が発揮された事となります。

【理研】クロセチンの紫外線による肌炎症への資料

特に肌への負担軽減のために取り入れたい

以上のように、飲む日焼け止めは単体で塗る日焼け止めの代わりになる事は無いものの、併用する事で価値を発揮するサプリメント。
飲む日焼け止めによってUVケア効果を引き上げる事ができるならば、肌にぬる日焼け止めの強さを弱める事が出来ます。
日焼け止めは殆どの場合でSPFが高いものほど、肌への負担も大きくなりがち。肌に優しい日焼け止めを使えるようになるだけでも、肌の負担軽減、そして美肌へという効果を得る事が出来ます。

また、飲む日焼け止めはそれ自体が活性酸素などによる肌のダメージをケアする成分によるものなので、肌の回復力を高めて美肌を目指しやすくなります。
美白だけではなく肌を健康で美しく保つために是非取り入れましょう。

https://jobikai.com/recipe-1446

炭を飲む?! デトックス効果絶大な「チャコール療法」の効果

炭は多くの毒素や有害物質を吸着してくれる

実は炭を飲むという行動については昔から存在するもので、チャコール療法と呼ばれている治療法の一つ。チャコールとはそのまま炭の事です。

チャコール療法では、炭が持つ強力な毒素や有害物質の吸着能力を有効活用する事で、胃や腸といった体内の器官から体にとって有害な物質を取り除き、健康を保ちます。
炭の粒子は表面に多くの割れ目などがあり、この割れ目に有害物質を入り込ませた上で、便と一緒に炭を排出する事でデトックス効果を得る事が出来ます。

チャコール療法の実験としては、1831年にフランスにて行われたP.F.トゥエリーという薬剤師によるデモンストレーションが有名で、劇薬であるストリキニーネという薬を致死量の10倍(15g)、同量の炭と同時に飲む事で毒素が無害化され、死を免れたというものがあります。

現代では体内環境を向上するための健康法の他、キノコの毒や除草剤など有害な物質を飲み込んでしまった場合に解毒する際や、コレラなどの急性感染症治療、食中毒の治療、また糖尿病の治療などにも用いられています。

炭は人体に無害且つ毒素の吸着効果が高い活性炭である事が重要

チャコール療法では炭を飲みますが、炭は体内に吸収されずにそのまま排出されるため、人体にとって無害なもの。
ただし、炭の品質が悪いと炭にそもそも毒素など体にとって害となる成分がついている可能性などもあるため、炭が高い品質のものである事が重要となります。

また、炭の中でも炭の粒子にあいている細かい穴が網の目状となっている方が毒素を吸着する力が強く、こうした有効作用の高い炭を「活性炭」と呼びます。
チャコール療法を行う場合は、品質が高く安全な活性炭を利用するようにしましょう。

チャコール療法による美容効果

炭を飲むチャコール療法では、主に以下のような美容効果を得る事が出来ます。

代謝の向上

体内には日々の生活で微量な毒素や有害物質がたまりがち。こうした毒素は時間をかけて肝臓などで処理して排出されたり、便と一緒に排出されますが、体内に存在している間は体に負担がかかり続けている状態です。
炭を飲む事でこうした毒素を排出してしまえば、毒素による内臓の負担が軽減されるため、体の機能がより活発に働きやすくなります。
これによって体に必要な栄養素の吸収がよくなったり、内臓が正常な働きをするようになって代謝が向上。ダイエット効果や、美肌作りに有効な働きとなります。

ダイエットに対して効果的

代謝を向上する以外にも、腸内にてブドウ糖を吸着したり、また血液中からの毒物も消化管へ引き戻して非活性化させる働きなどから、コレステロール値や血糖値を下げる働きをチャコール療法では発揮するため、脂肪がつくのを防いだり、痩せやすい体質づくりに効果を発揮します。

腸内ガスを抑えて体臭予防にも

お腹の中にガス(おなら)がたまった状態で我慢していると、ガスが腸内から吸収されて体臭として放出されてしまう事があります。
炭を飲むと腸内の有害物質を吸着し、発酵によってガスを放出する元を抑える事が出来るため、お腹のハリを抑えるためには非常に効果的。体臭も予防する事が可能です。
また、そもそも炭には悪臭の元となる成分を吸着して脱臭する効果がありますので、口臭や胃腸からの悪臭をすっきりさせる事が出来ます。

炭を食べてガンなどは大丈夫?

よく、お肉の焦げた部分は発がん性物質で危険という話があり、見た目も似ている炭を食べる事に抵抗がある人もいるのではないでしょうか。
肉が焦げた際に発生する発がん性物質は脂肪が焦げる事によってできるモノなので、そもそも活性炭とは全くの別物。
炭はむしろ発がん性物質であるメチルコラントリンというものやベンツピレンといった物質を吸着して排出してくれるので、がんの予防にも効果を発揮します。

体に必要な栄養の吸収を阻害する事も?

炭を飲む事によるデメリットとしては、ビタミン類やミネラル分など体に必要な栄養素の吸収も阻害してしまうという懸念があります。
確かに、炭の持つ吸着力は毒素や有害物質のみに働くわけではないので、食事といっしょに摂取する事で必要な栄養素の吸収阻害となる可能性もあります。

食事の前後は飲用を避ければOK

このデメリットについては、食事の前後2時間、可能であれば4時間程度あけて炭を飲むようにする事で解決できます。
炭を飲む目的はたまった毒素の吸着なので食事の前後に飲む必要はありませんし、食事から時間を空けてしまえば栄養素の吸収は十分に行われるため問題ありません。
むしろ、毒素が減って健康的な消化器官にする事で栄養の吸収率が向上するため、食事によって十分な栄養を摂取しやすくなると言えます。

逆に食事と一緒に飲むダイエット法も

炭が栄養の吸収を阻害する可能性があるため、基本的には食事の前後に飲む事はオススメしませんが、食事と一緒に飲むダイエット法も存在します。
これは炭に栄養素を吸着させてしまう事で、そもそも栄養が体内に吸収されるようにする方法で、食事制限と同じような効果を得る事が出来ると言えます。
ただし、日ごろ食べすぎで栄養過多な人が行う分には良いものの、そもそもそこまで食べていない人が取り入れると栄養失調となり貧血など体の不調を招く恐れが高いため、やりすぎるのは良くありません。

できれば粉末で飲むと良い

炭を飲む方法としてはカプセルなどの方法もありますが、カプセルなどの場合、炭が溶け出すタイミングが遅くなるため効果がやや弱くなります。
可能であれば細かい粉末状になったものを水に溶かして飲みましょう。
飲む量は多ければいいというわけではないので、商品によって推奨されている分量より少量から飲み始め、徐々に量を増やして体にとって負担が無い範囲で利用しましょう。

炭と一緒に水分も多めに摂取する

炭を飲むと、炭が水分を吸収してしまうため体内が水分不足になる可能性もあります。
いつもより多く水分をとらないと便秘などの症状になる場合があるので、水分を多めにとりましょう。
経過が順調であれば、炭を飲み始めて2日後くらいから黒い便が出てくるようになります。

https://jobikai.com/recipe-1451

紫外線とブルーライトって結局何が違うの? どちらもちゃんと対策しよう

紫外線とブルーライトは殆ど同じ

結論からいえば、紫外線とブルーライトはほぼ同じもの。下の図を見て下さい。

これはブルーライトの説明としてよく使われる内容ですが、ブルーライトは380〜500nm、一方で紫外線は10~400nmの波長の光の事。
光というのはこの数値(波長)によって種類が別れるので、そもそも380~400nmの部分については完全にかぶっていますね。

紫外線とブルーライトの違いは「見えるかどうか」

実をいうと、紫外線とブルーライトを分ける定義は目に見えるかどうかという点のみ。
紫外線というのはそもそも目に見える「紫」の範囲の外にある(光)線という意味なので、紫や青として認識できればブルーライト、目に移らないものであれば紫外線という事になります。

光の波長が短い程細胞へのダメージが大きい

そもそも、なぜ紫外線やブルーライトが人体に悪影響かというと、上の図で言う所の左の方の光。つまり波長が短い光というのは、細胞に与える刺激やダメージが大きいから。

光というのはジグザグに折り返しながら進んでいるのですが、波長というのは光が進む時に折り返す回数の事で、波長が長いほどまっすぐ進み、波長が短いほどジグザグに折れ曲がって進むようになります。

光にとって細胞というのは大きな山みたいなもので、波長が長い場合はトンネルをまっすぐに堀って進むイメージ。
逆に、波長が短いというのはトンネルをジグザグに掘りながら進む状態。山にとってのダメージの大きさはジグザグに進んだ方が大きいですよね。
だから、波長が短い紫外線やブルーライトは人体に悪影響となりやすいのです。

紫外線をカットしてもブルーライトが残っていると肌の負担に

肌のケアとして紫外線に気を付けている人は多いと思いますが、ブルーライトについては意識していない人も多いのではないでしょうか。
日焼け止めなどを塗っていればブルーライトによるダメージも防止する事が出来ますが、問題となるのは何も対策していないスッピンの状態。

スマホなどの光には強いブルーライトが含まれているといわれるように、何の対策もしないでブルーライトを浴び続けていると肌がダメージを受けてしまう可能性が高くなります。

また、日焼けしないように目のケアとして外出時はサングラスを付けていても、パソコンやスマホなどを見る時にブルーライトカットのケアを行わなければ、目のダメージや目からの日焼けはしてしまうという事に。

ブルーライトが目の負担になるというだけではなく、基本的に紫外線だと同じと思って対策して、より高い美白ケアを行いませんか?

https://jobikai.com/recipe-1447

アメリカ発デザイナーズフーズで健康的なダイエットで理想のカラダを手にいれよう♪

健康的なダイエットは、しっかり食べて痩せること! でも何を食べればいいのかわからないという方は多いはず。 今回は、ダイエット中の食生活の参考になる、アメリカの「デザイナーフーズ」という食品プランをご紹介します。

健康的にダイエット!デザイナーフーズとは?

・アメリカで実施されたガン予防のための食生活プラン

デザイナーフーズは、アメリカでガン予防のために国立ガンセンターが推奨した健康的な食品のことです。
ガン研究が盛んなアメリカでは、医療費の高さから

日頃から家庭でガン予防ができるように、ガン予防が期待できる食品を調査。

その結果、野菜を中心に合計40種類の食品がまとめられ、

有効な順から並べられた「デザイナーフーズピラミッド」が作られたのです。

・現在は「ファイブ・ア・デイ」が推進されている

現在はデザイナーフーズの代わりに、「ファイブ・ア・デイ」という

新たな食生活プランが推奨されています。
1日3食で最低でも5皿の野菜を食べよう、というのが「ファイブ・ア・デイ」のスローガン。

「ファイブ・ア・デイ」の推進により、アメリカ国民の野菜摂取量は増え、ガン患者も減少したそうです。

「ファイブ・ア・デイ」は日本でも推奨されており、

健康的な食生活を送るための指標として注目されています。

ダイエットにもいいデザイナーフーズ

・ダイエット効果もあるデザイナーフーズ

実は、アメリカで推進されていたデザイナーフーズには、

ガン予防だけではなくダイエットにもいい食品が多数あります。
カロリーの低さはもちろんですが、脂肪燃焼を促進する食品や、新陳代謝を高める食品など、

ダイエットをサポートする食品が並べられているのです。

また、デザイナーフーズは日本人にも馴染み深く、スーパーで手頃に手に入る食品が多いので、

長期間のダイエットに取り入れやすいというメリットもあります。

・ダイエットのために摂取したいデザイナーフーズ

(デザイナーフーズピラミッド順)

キャベツ:食物繊維が豊富、満腹感を感じやすい
大豆:大豆サポニンが脂肪の吸収を抑える
にんにく:抗酸化作用が強く、美肌にも良い
生姜:体を温めて代謝を促進させる
セロリ:食物繊維が豊富、リラックス効果のある成分が含まれている
お茶:緑茶のカテキンが脂肪吸収を抑える

ダイエットにオススメ!デザイナーフーズの取り入れ方

・キャベツを食事の最初に食べて過食防止

食物繊維が多く、食べ応えのあるキャベツ。
低カロリーなのにお腹にたまりやすく、満腹感を感じやすい食品です。
食事の最初にキャベツの千切りやちぎったキャベツを食べておくと、

摂取する炭水化物の量が自然と減り、無理なく摂取カロリーを抑えられます。

・にんにくは豚肉と一緒に食べてタンパク質補給

筋肉を鍛えると消費カロリーが増えて痩せやすくなると言われています。
そして、筋肉を鍛えるのに必要な材料がタンパク質です。

にんにくと豚肉を一緒に摂取すると、

疲労回復にいいビタミンB1と合わせて良質なタンパク質が摂れます。

すりおろしたにんにくを、比較的カロリーの低いロースの薄切り肉にすり込んで

塩胡椒をして焼いたりするのがオススメ。

・生姜は加熱するか乾燥生姜を摂取しよう

生姜の体を温める作用は、熱を加えるか乾燥させた生姜にしかありません。
体を温めると全身の代謝が促進され、老廃物が排出されやすくなるので、

ぜひ加熱した生姜料理か乾燥生姜を取り入れましょう。

温かい紅茶にすりおろし生姜を加えたり、

肉料理にすりおろし生姜を加えて調理するのもオススメです。

今回は、アメリカ発の健康的な食品、デザイナーフーズについてご紹介しました。
元々ガン予防のために考案された食生活プランですが、

ダイエットにいい食品が多いので、ぜひダイエット中の食生活の参考にしてみてくださいね♪

関連記事

・とっても簡単!短期間集中8時間ダイエット!

・ダイエッター必見!同じだけ食べてもスリムなのには法則があった!時間栄養学とは?

・ダイエットメニューに加えたい!コンビニで買える食材5選

https://myreco.me/news/view/27861