話題の蓄熱式脱毛は本当に痛くない?すね毛でその効果を体験!

効果の結論、医療レーザー脱毛は1回でもツルツルに

今回の脱毛体験を行ったのは女性では無く、男性。脱毛のレポートをするなら毛がある程度濃い方が良いだろうと言う事と、すでに女性編集部員は全身脱毛済みなため唯一の男性編集部員が脱毛を受ける事になりました。
また、脱毛もとにかく効果を分かりやすくしようという事で、一番効果が分かりやすそうな足を、片足だけを行ってみようという事で今回の体験をお送りします。

脱毛を申し込んだのは医療脱毛を専門で行っている皮膚科として都内を始め全国に展開しているリゼクリニックさん。最新の蓄熱式脱毛を導入していて、男性向けのメンズリゼも展開しており、確認したところ片足だけでもOK(ただしコースとしては両足)という事で予約しました。
(施術中の写真は許可を得て撮影しています。)

まず、結論から言えば医療レーザー脱毛の効果は“すごい”。
照射から1か月と1週間経過した時点の写真がこちらですが、脱毛した方の足は見た目では無毛でツルツル!!
脱毛時に毛を剃っただけの左足の様子を見れば1か月で毛が伸びる長さも分かりますが、脱毛した方の足は全く毛が見当たりません。

今回はまだ1か月分しか確認が出来ていないので、このまま継続して経過を見て脱毛1回での効果を検証したいと思います。

今回受けた脱毛は噂の蓄熱式脱毛

脱毛効果の凄さについてお伝えしたところで、今回受けた脱毛の詳細をご紹介します。
今回は、脱毛の中でも最新の手法である「蓄熱式脱毛」というものを体験。
蓄熱式脱毛は従来の毛根部分に熱を集中させる脱毛方法と比べ、毛穴の比較的浅い部分にある「バルジ領域」という毛の育成を促進する成分が出てくる場所に熱を当てる方法で、痛みが少ない方法と言われています。
しかし、一部では痛みが少ない分効果も弱いのでは? という意見もあるなど、まだ実情がよく知られていない脱毛でもあり、今回の体験ではそのあたりを詳しく掘り下げられればと思います。

リゼクリニックでの医療脱毛体験

それではここからはリゼクリニックさんでの実際の体験レポートを紹介します。

まずはドクターによるカウンセリング&脱毛に関する説明

今回体験したリゼクリニックさんでは、まず初めに医師によってどんな風に脱毛したいのか、また脱毛がどんな仕組みで、何に注意する必要があるのかなどの説明が行われました。
クリニックによっては医師の診察は一瞬で、殆どカウンセラーや看護師が対応するところが多いので、しっかりとした診察と説明を医師が行ってくれるというのは驚きと安心感のポイントだと感じました。大体15分程度はかけて、しっかりと診察を行って肌質に合わせた最適な脱毛をして頂いた印象です。
今回は蓄熱式脱毛を希望して受けていますが、肌質や脱毛の目的によっては蓄熱式ではない脱毛で対応を行う場合などもあるという事で、とにかく効果をしっかり発揮する事にフォーカスしているという姿勢を感じられました。
(PS.ドクター写真はNGでしたが、とてもキレイな方でした!)

せっかくなので脱毛について色々聞いてみました

せっかくこんなにしっかりと説明をしてくれるので、脱毛に関するいくつかの疑問を聞いてみました。

Q:蓄熱式脱毛のメリットってどんな点ですか?
A:蓄熱式脱毛は比較的浅いバルジ領域という所に、徐々に光を当てて温める方法なので、従来の“バチッ”と強い光を当てるレーザー脱毛と比べて痛みが少ない点が大きなメリットです。

Q:痛みが無くても効果はちゃんと出るの?
A:痛みは少なくても、毛が成長する根本の解消をする事は同じなので、効果はしっかりと発揮できます。

Q:痛くなくて効果もあるならデメリットは無い?
A:デメリットというイメージではないですが、細かい部分の脱毛にはあまり向かないですね。Vラインやヒゲといったデザイン性が求められる場所や、ワキなど小さいパーツでは従来のレーザー脱毛の方がキレイに出来ると言えます。

Q:蓄熱式脱毛は毛周期関係無しにうけられると聞いたことありますが本当ですか?
A:基本的な原理としては蓄熱式脱毛も毛のメラニンに反応させて熱を作るので、完全に休止期の毛穴では脱毛が難しいです。
そもそもバルジ領域への反応だから毛周期が無関係で効果を出せるとしたら、従来のレーザーも毛根だけではなくバルジ領域にも熱が加わるので、脱毛効果が出る事になってしまいます。
また、蓄熱式脱毛でも完全にバルジ領域だけに熱を与えるわけではなく、毛根部分にもある程度のエネルギーは照射されているので、やはり毛周期が成長期の毛にこそ十分な効果を発揮できると言えます。

Q:脱毛をなるべく少ない回数で終わらせるためには?
A:最適な周期で、脱毛を受けて頂く事が重要です。毛周期は部位や肌質によって変わるので、この辺りをちゃんと判断して案内できる。予約が取れるクリニックを選んで頂く事が重要です。
蓄熱式脱毛だからといって短い期間に沢山受けても、早く脱毛が完了するというわけではありません。

……なるほどと納得できる内容も多く、こういった疑問を解消できるという点も含めて改めてしっかりと医師による充実した説明の重要性を感じる事ができました。

着替えて脱毛を実施!

カウンセリングを受けたら、施術着に着替えて脱毛の実施です。

ちなみに、多くのクリニックでは脱毛前に自分で毛を剃ってくる事が前提となっていて、剃毛が出来ていないと数千円の追加支払いが必要となるのですが、リゼクリニックさんの場合は剃毛が出来ていなくても無料で看護師さんが処理をしてくれるとの事。
ただ、剃毛を行う範囲が広いとそこで時間を使ってしまうため、予約でとっている脱毛にかけられる時間が短くなってしまう事から、なるべく自己処理をしてきてもらえた方が効果の高い脱毛が受けられやすくなるとの事でした。

今回はある程度自分でも毛を剃ってきていましたが、それでも普段慣れない部分の処理のためやはり毛が残ってしまっていた様子。
毛が残っていると脱毛の際にやけどなどのリスクになるため、看護師さんが細かく処理をしてくれました。

レーザーを当てた時の感覚は“思っていたより痛い”!!

剃毛が終わると、いよいよ脱毛のレーザーを当てていきます。
今回は蓄熱式脱毛のため、肌に専用のジェルを塗った後で弱いレーザーが照射される機器を何度も往復させていく形で、レーザーを当てている場所の温度が60度を超えたら終了という形。

という事で、まずはこのようにジェルを塗って

レーザーを照射し往復させていく……

そして、何回か往復したところで「痛みなど大丈夫ですか?」と質問されます。
ここからは正直な感想でお伝えしますが、テスト照射の何往復かでは、ちょっと肌がビリっとする感覚は合ったものの、痛いと感じる程のものではありませんでした。

しかし、問題はここから先。
噂で聞いていた通り痛みがそんなにないと思って安心していたのですが、何度も同じ部分にレーザーを当てているうちに、ちょっとずつ痛みが強くなってきます。
我慢できないほどではないのですが、例えるなら毛が生えているところに、ちょっと粘着力が強いテープを貼り付けては剥がすというのを繰り返されているようなイメージ。なんだかもどかしいような、強めのチクチクのような痛みが続きます。

ここで思ったのですが、従来の脱毛機は一度レーザーを照射したらその部分は終了なので、何となく我慢のしどころも分かりますし、あとどのくらいで終わるかが想像できるので耐えやすい。
一方今回の蓄熱式脱毛は同じ箇所を何度も往復させて、肌の温度が一定になるまで繰り返されるため、いつまで耐えればいいのかが分からないという所が難点だと感じました。
しかも、場所によっては脱毛機がゴリゴリ押し付けられている事も痛みになるため、今回であれば脛(すね)にレーザーを当てている時はレーザーのチクチク感とゴリゴリされる痛みでちょっと辛かったです。

ただ、今回は特に毛が濃い男性の体験によるものなので、そもそも毛が薄い女性であればそこまで痛みを感じるという事は少ないと思います。実際、今回の施術でも毛がやや薄めのふくらはぎについてはそこまで痛みを感じず快適に終わりました。
毛がある程度濃い場合でも、麻酔など利用して痛みを抑えれば恐らく殆ど気にならなくなるようなレベルの痛みではあるので、従来の脱毛と比べれば単純な痛みの度合いが弱い事は確かです。

脱毛後は冷却&保湿ケアをしっかりと

脱毛って見た目にはそこまで変わらないのですが、やはり肌の内部は結構ダメージを受けています。
わかりやすいように今回はサーモグラフィーを使って脱毛直後の足を撮ってみました。脱毛を受けた方の足は温度分布が斑な状態になっていますが、これはレーザーによって肌内部がダメージを受けている事を示しています。
こんな風に熱のダメージを受けた状態では、やはり肌のバリア機能も失われてしまいます。蓄熱式脱毛でも、しっかりと脱毛後の冷却と保湿ケアを行う事が美しい肌を手に入れるためには重要です。

※左がレーザー照射前。右がレーザー照射後

鼻毛の脱毛にもチャレンジ!

実は、今回は足の脱毛だけではなく鼻毛の脱毛なんてものもあるという事を知り、ついでに体験してきました。
鼻毛の処理というと鼻毛カッターでカットしたり、最近ではワックス脱毛(除毛)なんかも流行っていますが、永久脱毛してしまえばいつでも安心ですよね。

鼻毛の脱毛は非常に細かいパーツなので、蓄熱式ではなく単発式のレーザーにて行います。
まずは脱毛する箇所の毛を入念に剃って……

鼻に押し当てるようにしてレーザーを照射していきます。

普通の脱毛と比べ、照射しにくい箇所のため技術が必要かもしれません。

鼻毛の脱毛というと何となくすごく痛そうなイメージだったのですが、意外と痛みは殆どなく、どちらかというとレーザー照射と一緒に噴射される冷却ガスが鼻に入ってきてびっくりするといった感じでした。
痛みもないし、数か月おきに通えば鼻毛が出てくるというエチケットの悩みが無くなるなんて、鼻毛脱毛はもう社会人全員が受けてしまえばいいのにというのが正直な感想です。
ただ、鼻毛脱毛が可能なのは比較的浅い場所だけなので、奥の方から毛が伸びてくる人はやはりある程度のケアは必要になるようです。

今回の脱毛体験で感じたこと

今回の脱毛体験で感じた事として、蓄熱式脱毛が聞いていたよりも痛かったという事もありますが、それと同時に脱毛は施術する人の技術がとても大切だという事も感じました。
というのも、蓄熱式脱毛の場合は特に、同じ場所を何度も往復させて熱を蓄積する方法であるため、レーザーの照射になれていなかったり、少しでも雑にやったりしてしまうと全体を十分に脱毛する事は恐らくできなくなってしまいます。
単発式の従来の脱毛でも打ち漏らしによって毛が残ってしまう事は多くありますが、蓄熱式の場合は特にその確率も上がるのではないでしょうか。

今回体験したリゼクリニックさんはしっかりとした医師の診察や説明、そして高い技術を持った脱毛施術を行ってくれるという点で、医療レーザー脱毛の中ではとても安い価格帯というわけではない分、効果が高く満足できる脱毛を受けやすそうな印象をうけました。

これから先の秋冬は、実は最も脱毛におすすめなシーズン。紫外線を気にせず脱毛しやすい時期になりますので、ツルスベ美肌を目指している人は是非このシーズンに脱毛を検討してみてはいかがでしょう。

脱毛体験クリニック紹介

リゼクリニック 渋谷院

https://jobikai.com/recipe-1549

唇に女性らしさを宿す♡リップブラシの基本の使い方を伝授

江戸時代から伝わる紅筆

リップブラシは日本語では「紅筆」と言います。江戸時代、女性は紅を少量の水で溶きながら、紅筆を使って唇に塗っていたそう。その姿を想像すると、とても色っぽく、「紅を差す」という言葉にも美しさを感じられます。

リップスティックが登場してからは、さっとぬれる便利さや濃く色を付けられるなどのメリットがあり、普及は進み、進化も遂げています。ですがリップブラシを使って塗るからこそ、という仕上がりもあるのです。

リップブラシの選び方はさまざま

リップブラシにもさまざまな種類があり、発売されているメーカーやアイテムによって特徴があります。また、「リップブラシ」として販売されているものだけではなく、コンシーラーブラシや眉ブラシと言った、小さめのブラシであれば、リップブラシとして活用できることも。唇に当てたときの毛の質感や、塗りやすさ、仕上がりの良さなどで、自分にぴったりのものを選ぶようにしましょう。

さらにリップブラシには、毛の部分をしまって持ち運びのできる便利なコンパクトタイプも発売されています。外出先でも手軽に使えるので、ぜひ活用してみてください。

リップブラシの基本的な使い方

では実際に、リップブラシの基本の使い方をマスターしていきましょう!

①口紅をブラシに取る

スティック状の口紅であれば、普段よりも少なめに出し、ブラシにリップを取ります。コスメカウンターなどでは、ビューティーアドバイザーさんが口紅を少しスパチュラに取ってからリップブラシで塗ってくれますが、普段はそこまでする必要はありません。必要な分だけ、ブラシに取るようにしましょう。

②手もとで色味を調整する

メイクブラシを使うとき、基本的には手もとで一度、色を調整してから肌や唇に塗っていく方が、より自然で理想的な色に仕上がります。外出先などで手もとを汚したくない!なんて時は、リップから少しずつ色を取るようにしましょう。ブラシの使い方に慣れてくると、だいたいの量や感覚もわかるようになりますよ。

③塗るときは唇の真ん中から

さて、いよいよ唇に色を付けていきます。塗るときは唇の真ん中から、まずは輪郭を取るように塗っていきましょう。こうすることではみ出し防止にもなり、全体的にくっきりとした唇に仕上がります。唇を動かし、形を変えながら塗るようにすると塗りやすいですよ。

輪郭がとれたら、それよりも内側に色を入れ、唇全体を仕上げるようにしてください。

④全体を軽くティッシュでオフ!

適当なサイズにティッシュを折りたたみ、軽く上から押さえるように口紅をオフします。このとき、こすらないように注意してください。少し手間はかかりますが、こうすることで口紅が唇に定着し、口紅の持ちが格段に上がります。
軽くオフしたら、もう一度口紅を重ね、理想の唇に仕上げていきましょう。

応用編!リップブラシで理想の唇をつくる方法

塗ってみるとわかるように、細かな機転がきくのがリップブラシです。唇のふちどりはもちろん、スティックのままで直塗りするよりも、より自分の理想とする唇をつくることも可能!次はさらに理想の唇のつくり方をいくつかご紹介します。

①ふっくら柔らかなボリュームリップ

唇全体を仕上げ、一度ティッシュオフしたら、縦ジワを埋めて消すようにブラシを立てて口紅を塗っていきます。はみださないように唇の真ん中に塗ることを意識しておきましょう。

唇が薄い人は、少しオーバーに塗ると、ふんわりとボリュームのあるリップがつくれます。このとき、コンシーラーを使って、肌と唇との境目をしっかりとつくることで、ただはみ出しただけのリップという印象はなくなりキレイに仕上がります。
さらに唇の中央にグロスを重ねてあげることで、よりふっくらとしたツヤのある唇をつくれますよ。

②口角の上がったキリッと上品なリップ

キリッと口もとを引き締めたいとき、意識するのは唇と肌との境目。とくに唇の外側、口角の部分をしっかりとつくることで、口もとの印象は変わります。コンシーラーを使って、少し唇を消すような感覚で、唇と肌との間にしっかりと境目をつくりましょう。

外出先でのメイク直しの際にも、そこを意識してあげるだけで、きちんとした印象がつくれるので、コンシーラーがないときにはファンデーションも活用してみてください。

③上唇の山で印象をチェンジ!

唇は山のつくり方でも印象が変わります。しっかりとした山をつくると、クールな印象やセクシーな印象に。なだらかな山をつくると、おだやかで優しい印象や上品な印象に仕上がります。リップブラシは小さな加減がきくので、自分のなりたい雰囲気に合わせて、上手に山を仕上げてみてください。

リップブラシで理想の唇へ!ひとつのメイク法として覚えておいて

いかがでしたか?今までリップスティックで直塗りしていたという人には、時間もかかるし少し面倒な印象もあるかもしれません。ですがその分、今までより格段にリップが落ちにくくなったり、キレイで理想的な唇をつくることができるのがリップブラシです。

小さな習慣ひとつで、女性の印象というのはグッと変わります。この機会に一度、リップブラシでのメイクを楽しんでみませんか?使っている自分自身でも、昔から引き継がれる“女性らしさ”というものを実感できるかもしれませんね!

こちらの記事もおすすめです

ブラシの簡単お手入れ法と、おすすめのクリーナー プチプラなのに満足感がある、おすすめのメイクブラシセット

https://jobikai.com/recipe-1555

ランコム史上、“最もマット”なリップ「ラプソリュ ルージュ DM」が登場!

ラプソリュ ルージュ DM157 オプセシプ レッド

オレンジとレッドを混ぜ合わせたかのような鮮やかな色味。トーンの明るいオレンジカラーなので、特にイエローベースさんにオススメです。顔色をパッと明るく見せてくれ一気にオシャレ度がアップしますので、女子会に最適!

ラプソリュ ルージュ DM388 ロゼ ランコム

女性らしさと可愛さを演出してくれるようなカラー。少しだけ青みがかったピンクなので特にブルーベースさんにオススメです。とはいえど、イエローベースの私にもなじむくらい、自然な発色なので肌色問わず活躍してくれそう!
いつものデートで彼をドキッとさせたい……なんていうときに、ぜひとも使ってみて。

ラプソリュ ルージュ DM507 ドラマ ベリー

新しい自分に出会わせてくれるような濃厚なパープル。自分をより大人っぽく、色っぽく見せてくれます。挑戦したいと思う方も多いカラーですが、なかなか手を出しづらいという方もいるはず。

しかしこちらはパープル系のリップ初心者の方でも使いやすいくらい、輝きがあり肌馴染みのいいリップです。パーティーメイクに最適!

今回ご紹介した限定のカラーパッケージはなくなり次第、通常のブラックパッケージに変更とのことなので、欲しい方は早めにゲットして!

【製品名】ラプソリュ ルージュ
【発売日】2018年9月14日(金)
【製品価格】4,000円(税抜)
【シェード】全14色

https://jobikai.com/recipe-1554