あなたのお顔をパーツ別に集中ケア!おすすめ部分マスク4選

手軽に出来るお顔の集中ケアとして、マスクシートがますます人気です。様々な形や素材、成分のものがありますが、特に部分パックは、気になるパーツのお悩みをしっかりケア出来るのでおすすめです。その選び方やおすすめのマスクをご紹介します♪

部分用マスクの選び方☆

 

 

フェイスマスクはシートにたっぷりと美容成分やうるおいを含ませることが出来るので、普通のローションや美容液よりも、たっぷりとその効果を届けることが出来るアイテムです。シートが顔にしっかりと密着し蓋をする役割をしてくれることで、美容成分が肌に浸透するんです。

 

パーティなどの特別な日の前に使うのも良いですが、肌のお悩みに応じて普段のお手入れに取り入れるのもおすすめですよ♪ 部分用マスクを選ぶ時に、注目したいポイントをご紹介します。

 

●マスクの素材

マスクの素材はメーカーによって様々です。一般的なものは不織布のタイプですが、厚みや素材の質感によって肌への密着度は変わります 肌にぴったりとついて、ずるつかないものを選びましょう♪

 

●マスクの形状

部分マスクで多いのは、目の下などに貼る楕円形にくぼみをつけたような形ですね。大きいものだと何枚か組み合わせることで顔全体のマスクとして使うことも出来ます。

 

ピンポイントで使いたい場合や、口元のほうれい線などに使う場合は、小さめのものを選んだ方が密着させやすくなりますよ☆

 

●配合成分

うるおい補給のための保湿成分をはじめ、美白成分やアンチエイジング成分など、配合成分も様々です。 自分の解決したいお悩みに合わせて、適した配合成分のものを選びましょう♡

 

それでは、ケアしたいお悩みやパーツ別のマスクをご紹介します。

 

美白ケア

 

※イメージ写真です。

 

<商品>

ポーラ ホワイティシモ 薬用シート パック ホワイト /5,800円(税抜)

※2枚入り(3.3mL)×30セット

 

ますます紫外線が強くなる季節です。外に出れば知らぬ間に紫外線のダメージを受けてしまうことも。 日々のダメージケアとして、美白の部分マスクを取り入れてみるのはいかがですか?

 

ホワイティシモの薬用シートパックは、大き目サイズなので目の下からほほにかけてしっかりとカバーしてくれますよ♡ ひんやりとした使い心地が、肌のほてり感も抑えてくれます。たっぷりとうるおいがしみ込んだシートパックなので、使用後の肌のしっとり感も抜群です。

 

5~7日に一度が使用の目安なので、週末などに集中して肌の美白ケアを行うのが良さそうですね♪

 

目元ケア

 

※イメージ写真です。

 

<商品>

エリクシール シュペリエル レチノバイタル アイマスク /4,800円(税抜)

※12包(24枚)

 

目元の皮膚は他より薄くデリケートなので、特にしっかりと保湿してケアをしてあげたい部分です。

 

エリクシール シュペリエルのアイマスクは、シワ改善成分として有名な純粋レチノールを配合しています。 目元のハリのなさやシワが気になる方は、この目元用のアイマスクがおすすめですよ♪

 

ピンとしたハリ感がよみがえり、ぱっちりと印象的な目元に導いてくれるはずです。

 

唇のケア

 

 

<商品>

チューシー リップパック /1,980円(税抜)

20枚入り

 

パーツケアと言えば、唇も外せませんね♪ どんなに素敵な色の口紅を使っても、元がガサガサの唇では、リップメイクも決まりません。

 

リップクリームではなかなか唇のかさつきがなおらない、という方もこちらの唇用パックを使ってみませんか? モモ果実エキスやハチミツエキスなどの成分が、唇をなめらかに整えてうるおいたっぷりにしてくれますよ♡

 

集中ケア用部分マスク

 

 

<商品>

リッツリバイバル ステムパワーショット マスク /1,000円(税抜)

※3回分

 

目元と口元を同時にケアしたい時のお助けアイテムとして、このマスクがおすすめですよ☆中身は部分用の集中ケアシートが4枚と、顔全体のシートマスクが1枚のセットになっています。気になる部分に集中ケアシートを貼り、その上からシートマスクをすると、中の集中ケアシートは溶けて浸透するんです☆

 

植物幹細胞由来成分配合で、肌の細胞を元気にしてアンチエイジングにパワーを発揮してくれそうです。 ここぞ、という時の集中ケア用として、部分も全体もケア出来るこちらのマスクを使ってみてはいかがでしょうか♪

 

いかがでしたか? いつものお手入れを格上げしてくれるのが部分マスクです。気になるお悩みの部分をしっかりとパーツケアして、美肌を目指しましょう♡

関連記事

・あなたのお顔をパーツ別に集中ケア!おすすめ部分マスク4選

・あなたのお顔をパーツ別に集中ケア!おすすめ部分マスク4選

・あなたのお顔をパーツ別に集中ケア!おすすめ部分マスク4選

季節の変わり目!トラブル知らずのスキンケアを教えて!

季節の変わり目は体調を崩しやすくなると同時に、肌の調子も不安定になりがち。季節の変わり目にトラブルを起こしやすい肌は“ゆらぎ肌”と言われます。 “ゆらぎ肌”で悩む女性は多く、特に春先は花粉症などのアレルギーや新生活のストレスなどと相まって、肌トラブルの悩みも深刻になりがちです。 なぜ季節の変わり目に肌のトラブルが起こりやすくなるのか?どんなスキンケアを心がければよいのか? 今回は、その原因やスキンケア方法についてご紹介をしていきたいと思います。

春先の肌トラブルの原因

 

春先に起こりやすい肌トラブルには、次のように様々な原因が考えられます。

 

・朝夕や日々の気温差が大きく、新陳代謝が乱れ、肌にもトラブルが起こりやすくなります。

・花粉やホコリなどで肌が敏感になりやすく、肌荒れを起こしやすい状態になります。

・気温が上昇するため、皮脂の分泌が活発になり、吹き出物ができやすくなります。

・紫外線が強くなり、肌にダメージを受けるようになります。

・新生活など、生活リズムの変化やストレスで肌も影響を受けやすくなります。

 

このようなダメージに、どのようなスキンケアで対策を行えばよいのでしょうか。 次に、春先のゆらぎ肌対策におすすめのスキンケア方法をご紹介します。

 

クレンジングの刺激を最小限に抑える

 

 

新陳代謝の乱れや、花粉、ホコリなどの影響で肌が敏感になりがちな季節。できる限り肌への負担は減らしたいところです。

 

肌に負担を与えるクレンジングの刺激を軽減するためにも、クレンジングは、肌に優しいミルクタイプやクリームタイプがおすすめです。 オイルを使用する場合は、オリーブオイルなどの天然成分を選びましょう。

 

ただし肌に優しいクレンジングは、その分洗浄力が弱くなります。マイルドなクレンジングでも対応できるように、肌トラブルが起きやすい季節はナチュラルメイクを心がけましょう。

 

肌の保湿を重視したスキンケア

 

 

Tゾーンはべたつき、頬や目元は乾燥が進むなど、肌のバランスを崩しがちな時期。汗ばむ陽気の日は、ベタつきが気になって保湿ケアをついつい怠ってしまいます。

 

しかし皮脂の分泌が盛んになっても、乾いた空気や紫外線の影響で肌は水分を失い、インナードライの状態になりがち。 肌の保湿ケアは季節を問わず、しっかり行いましょう。

 

特に春先は、吹き出物もできやすい時期なので、油分の多いスキンケアは避けたいところ。使用感はさっぱりしていて、保湿力の高い化粧水をたっぷり肌になじませましょう。ローションパックなどもおすすめです。

 

紫外線対策を早めに始めましょう

 

 

紫外線対策は1年中必要です。と分かっていても、冬場は紫外線対策まで手が回らないのが現実です。その流れで、まだまだ大丈夫と本格的な夏が来るまで紫外対策を始めない方も多いのではないでしょうか。

 

肌トラブルを起こしやすい時期、紫外線カット効果の高い下地やファンデーションを使用するのに抵抗がある時は、まだ早いと思っても帽子や日傘で日差しで紫外線対策をしましょう。

 

 

季節の変わり目の肌トラブルの対策として、スキンケア方法をご紹介しました。しかし肌トラブルの原因には、新生活による生活リズムの乱れやストレスなども影響しています。 睡眠時間をたっぷりとることや、お風呂にゆっくり浸かりリラックスするなど、日々の生活を見直すことで肌トラブルの改善につながることもあります。 ぜひスキンケアと合わせて、実践してみてくださいね。

関連記事

・季節の変わり目!トラブル知らずのスキンケアを教えて!

・季節の変わり目!トラブル知らずのスキンケアを教えて!

・季節の変わり目!トラブル知らずのスキンケアを教えて!

赤ちゃんも使える!キュレルの保湿ケアで肌トラブルを回避

季節の変わり目は、肌トラブルが増える時期ですね。保湿ケアに力を入れたいけれど、敏感肌で思うようにスキンケアアイテムが使えない、とお悩みの方も多いのではないでしょうか。 そんな悩みを持つ方におすすめしたいのが、乾燥性敏感肌用シリーズ「キュレル」です。 赤ちゃんにも使える、安心のスキンケア&ボディケアシリーズで、デリケートになりやすい季節の肌トラブルを乗り切りましょう!

全身を優しく潤すミルクタイプローション

 

 

乾燥性のトラブル肌に必要なのは、たっぷりの潤いを与えてあげることです。
キュレルのローションは、肌にスーッと伸びてべたつかない乳液状のローション。

しっかり潤いを与えながら、肌を外部刺激から守ってくれます。

 

体から顔まで全身に使用ができ、肌トラブルを解消してくれます。

赤ちゃんの肌にも使える優しさなので、デリケート肌の方も安心です。

 

<商品>

Curel ローション 220ml(ボトル) 410ml(ポンプ) /オープン価格
医薬部外品

 

さっぱりしたい日はジェルローションで潤いを

 

 

寒暖差の激しい季節、少し汗ばむ陽気の日や朝のお手入れには、さっぱり目のアイテムが嬉しいですね。
さっぱりとみずみずしく肌を潤すジェルタイプのローションなら、べたつかずに気持ちよい使い心地です。

また、自分の汗による肌荒れやあせもに悩む敏感肌の方にもおすすめです。

汗トラブルケア処方で汗からも肌を守ってくれます。

体から顔までの全身ケアや、赤ちゃんのあせも防止にもぴったりのジェルタイプローションです。

 

<商品>

Curel ジェルローション 220ml /オープン価格
医薬部外品

 

たっぷりの泡で洗うボディウォッシュ

 

 

お風呂で体を洗う時、ボディタオルやボディブラシでゴシゴシ洗っていませんか?
その摩擦、肌トラブルの原因になりかねません。滑りのよいたっぷりの泡で、手を使って優しく洗ってあげるのが一番です。

キュレルの泡ボディウォッシュは、たっぷりのマイルドな泡で、乾燥する肌を優しくしっとり洗い上げます。

 

<商品>

Curel 泡ボディウォッシュ 480ml(ポンプ) 380ml(つめかえ用) /オープン価格
医薬部外品

 

しっとり肌を守る全身用保湿クリーム

 

 

潤浸保湿セラミド機能成分やユーカリエキスなどの潤い成分が、肌を滑らかにしっとり潤いで満たします。外部刺激から肌を守り、肌荒れを防いでくれます。

デリケートな赤ちゃんの肌にも使用できる優しさで、ママの保湿クリームとして顔にも使えます。

 

<商品>

Curel クリーム 90g(ジャー) 35g(チューブ) /オープン価格
医薬部外品

 

汗ばむ肌も優しくさっぱりふき取るシート

 

 

首すじや腕などの汗が気になるこれからの季節。あせも予防のためにも、汗拭きシートを使いたいけど敏感肌で使えない。そんな方におすすめ、赤ちゃんの汗拭きにも使える、無香料・無着色・弱酸性の汗拭きシート。

肌トラブルの原因となる、汗や皮脂を優しくふき取り、肌荒れやあせもを防いでくれます。
天然コットン100%で赤ちゃんの肌にも使えます。

 

 

<商品>
Curel スキンケアシート 10枚54g /オープン価格
医薬部外品

※肌がアルコールに弱い方は使用を控えてください。

 

お近くのドラッグストアや花王のオンラインショップでも購入が可能なキュレルシリーズ。
デリケートな赤ちゃんの肌にも使える優しい使い心地で、敏感肌にお悩みの方に多く愛用されています。自分に合うかどうか心配な方は、ミニサイズやサンプルでまずはお試ししてみてくださいね。

関連記事

・赤ちゃんも使える!キュレルの保湿ケアで肌トラブルを回避

・赤ちゃんも使える!キュレルの保湿ケアで肌トラブルを回避

・赤ちゃんも使える!キュレルの保湿ケアで肌トラブルを回避

お肌も五月病になるって本当?この時期に合ったスキンケア法とは?

皆さんは、お肌も五月病になるって、ご存知でしたか? まだ、聞いたことないという方も多いかもしれませんね! 特にストレスが溜まりやすいと言われる五月、身体にも色々な不調が出てくることがありますよね。 そんな状態が、お肌にも起こるらしいんです…。 今回は、お肌が五月病になってしまう原因と、スキンケア方法をご紹介していきたいと思います♪

肌の五月病って?

 

 

五月の連休明けくらいから、なんとなく体調がすぐれない…という方が増えてきますよね。 バタバタと過ごした4月の疲れが出て、いわゆる五月病になってしまうのです。

 

そんな五月病が肌にも…! お肌の五月病とは、どのような状態なのでしょうか?

 

乾燥が酷い…

 

冬から春にかけて、とても空気が乾燥している状態が続きますよね。

 

特に春先は風が強い日が多く、花粉も飛んでいたりするので、肌に大きなダメージを与えています。 そんなカサカサ状態のまま、4、5月の強い紫外線を浴びると、もう肌はボロボロ…。

 

乾燥していると余計にダメージを受けてしまうので、この時期の肌は荒れてしまう事が多いのです。

 

暖かくなってきて皮脂が…

 

だんだんと暖かくなってきて、汗ばむような気温の時もありますよね。そんな時、顔にもじんわりと汗をかいてしまって、ニキビができやすい状態に…!

 

皮脂の分泌量も増えてくるので、こまめにケアしないと、どんどんニキビは増えていってしまいます。

 

肌の五月病、おすすめのスキンケアは?

 

 

乾燥や日焼け、さらにはニキビなど、色々な問題が起きてくるこの季節…。少しでも、スキンケアで改善することができたら良いですよね!

 

ここからは、肌の五月病におすすめのスキンケア方法を見ていきたいと思います♪

 

日焼け止めは絶対!

 

真夏ほど暑くないため、どうしても怠ってしまいがちなUVケア!

でも、この季節の紫外線量は、なんと9月頃と同じくらいだと言われているんです!うっかり日焼けしてしまうと、シミやシワの原因になってしまいます。

 

この時期こそ、日焼け止めクリームを塗ったり、日傘を差すなど、日焼け防止に努めて下さいね!

 

肌は清潔に…

 

メイクがしっかりと落とせてなかったり、洗顔がきちんとできていなかったりすると、それもまた肌にダメージを与えることになってしまいます。 汚れてキメが乱れている肌は、紫外線や乾燥に弱いもの…。

 

なので、肌の五月病を深刻化させないためには、しっかりと洗顔することも大切です。 ただ、強く擦るのは余計にダメージを酷くしてしまうので、やめて下さいね!

 

しっかりと保湿!

 

先程もお話したように、乾燥している状態が長く続いていたため、肌はかなりのダメージを受けています。 しっかりと潤っている肌は、見た目がいいだけじゃなく、紫外線のダメージも受けにくいものなのです。

 

ですから、肌の状態を整えるためにも、毎日しっかり保湿していきたいですよね!

 

しっかりと栄養を取るように

 

肌のケアに必要なのは、外側からのアプローチだけではありませんよね。 内側からのケアも、とっても必要になってくるんです。

 

きちんとバランスの良い食事を取って、肌にも栄養が行き渡るようにしてあげましょう。外側からと内側から、両方できていないと、肌の五月病も改善することはできませんよ!

 

規則正しい生活をする

 

これは本当に基本的なことになってしまうのですが、生活が乱れていると、どれだけしっかりとケアをしてもその効果は現れにくくなってしまいます。しっかりと睡眠をとって、バランスの良い食事を取る、身体が冷えないように、毎日ゆっくりと湯船に浸かる… 。

 

とても簡単なことなんですが、すごく大切な事! できていないかも…という方は、もう一度見直してみて下さいね。

 

 

いかがでしたでしょうか? 肌にも起こる「五月病」について、ご紹介させて頂きました。 「私も肌の五月病かも…」と感じている方は、普段の生活やスキンケアをもう一度見直して、早めにケアできると良いですね。

関連記事

・お肌も五月病になるって本当?この時期に合ったスキンケア法とは?

・お肌も五月病になるって本当?この時期に合ったスキンケア法とは?

・お肌も五月病になるって本当?この時期に合ったスキンケア法とは?