美容効果も抜群!話題のフムスダイエットの正しいやり方とは?

ダイエッターに朗報です!糖質が少なく、腹持ちが良く、それでいて栄養価タップリのスーパーフードがあるらしい。これを使って糖質オフダイエットをすれば、栄養とりながらしっかり痩せられる♡そんな夢の食べ物「フムス」って一体なに?

夏を迎える準備は万端?今日から始めるダイエット

 

 

もうすぐ海に出かけたくなる夏がやってきます!スタイルが丸わかりの薄着を着る季節が来るまえに、絶対痩せたい!と意気込んでいる女性も多いはず。

 

ダイエットには辛い運動、食事制限がつきものです。でも食べたいものを我慢したり、お腹空いているのに断食したりするのはキツく、続けにくいですよね。

 

多くの女性の間で一般的になりつつある「糖質オフダイエット」。パンやパスタ、米などの炭水化物をカットし、野菜や肉だけを食べるというダイエットです。主食となるものを全くカットする方法もあれば、食べる量を少なくするという方法もあります。

 

糖質オフダイエットは「食事」自体を我慢する必要がないので、続けやすいという声が多いですね。この糖質オフダイエットの強い味方になってくれそうなスーパーフードが今注目を浴びているのはご存知ですか? アサイー、チアシードなどに続くスーパーフードが「フムス」です。

 

フムス?聞いたことないけれどどんな野菜?実は日本でも簡単に手に入り、なじみの深い「ヒヨコマメ」の事なんです。

 

フムスって一体なに?

 

 

「フムス」とはヘブライ語でヒヨコマメのことで、中東では、ヒヨコマメをにんにくやオリーブオイルと合わせてペースト状にして食べる一般的な家庭料理だそうです。

 

豆類は植物性たんぱく質が豊富で、栄養価が高いことは周知の事実で菅、その分カロリーも高いというイメージがあるため、豆類もカットしているダイエッターの方も少なくありません。

 

しかしご覧ください! 大豆100gで脂質9gに対し、ヒヨコマメは100gで脂質はたったの2.5g。 植物繊維は大豆の1.5倍ほど多く、ビタミン、ミネラルも豊富です。

 

つまり豆類の中でひよこまめは大変ダイエット向きな食べ物なんです。フムスはペースト状にしたひよこまめを、ピタと一緒に食べたりパンにはさんで食べたりする副菜ですが、ダイエットの時はそのまま一食にして食べるのも良し、野菜にディップして食べるのも良し♪レパートリーが広がります。

 

オリーブオイル、にんにく、レモン汁、クミンなどクセの強いスパイスと一緒にペーストするので、豆の青臭さも取れ、食欲をそそります。しかもパーティーにも使えそうなおしゃれな一品になるので覚えていて損はなさそう♡

 

 

フムスが痩せると言われる4つの理由

 

 

●腹持ちが良い

 

フムスは100gたったの170キロカロリー。置き換えダイエットにも優秀ですし、少しパンやクラッカーを足しても、通常の一食のカロリーには及びません。豆類なのでおなか一杯になり、満足できます。

 

●ファイバータップリで代謝をアップ

 

上記でも述べたとおり、ひよこまめには食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維には水で溶ける溶性食物繊維ととけにくい不溶性食物繊維があります。

 

ヒヨコマメに含まれる食物繊維は「不溶性」。つまりお腹の中でも溶けずに便や老廃物をからめて押し出してくれます。 便秘でおなかぽっこりさんも、すっきり出せれますよ。

 

●女性ホルモン促進でキレイに美しく痩せる

 

豆類には女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれています。大豆で取るのが一般的ですが、ひよこまめにも同じ成分が含まれています。女性特有のイライラや生理不調を穏やかにしてくれるだけでなく、女性らしいスタイルになるのも助けてくれます。

 

キレイに痩せつつ肌も美しく♡女性がぜひ摂りたい栄養素です。

 

●イライラ、不安感を穏やかに

 

カルシウム、マグネシウムは精神安定に欠かせない栄養素です。特にマグネシウムは精神をリラックス状態にしてくれるセロトニンというホルモンの分泌を促進します。セロトニンが不足すると不安になったり鬱状態になりやすいので意識的に取る必要があります。

 

ひよこまめにはこれらの栄養素も豊富に含まれているため、ダイエット中に起こるイライラ、ストレスを抑えてくれます。ストレスによる暴飲暴食も抑えられれば、ダイエットの成功率もきっと上がるはず!

 

 

味付けがしっかりしているので満足感の高い一食になるフムス。添えるものに変化を持たせれば飽きることもありません。置き換えダイエットや糖質制限ダイエットの一品にも使いたいおしゃれフードです。アメリカでは多くの女優、セレブ女性の間で流行っているダイエットです。あなたも遅れをとることなく取り入れてみて♡

関連記事

・美容効果も抜群!話題のフムスダイエットの正しいやり方とは?

・美容効果も抜群!話題のフムスダイエットの正しいやり方とは?

・美容効果も抜群!話題のフムスダイエットの正しいやり方とは?

これぞ新常識☆満腹感を感じながら賢く痩せるFNSダイエットとは?

ダイエットと言えば、ハードな運動・無理な食事制限が一般的。無理なダイエットを続けるほど、空腹などでストレスがかかり、リバウンドを繰り返してしまいます。「FNSダイエット」は、そんな悪循環とは無縁の新常識ダイエット!満腹なのに痩せられる「FNSダイエット」についてご紹介致しましょう!

 1.「FNSダイエット」とは?

 

 

「FNS」は「Full Not Satisfied」の略。「満足するのではなく満腹になる」という意味を持ちます。

 

食欲を満たすのではなく、空腹を満たすことに意識を置くことが「FNSダイエット」のコツです。「お腹が空いても我慢する」というダイエットの一般例を覆し、食欲を満たす食べ方ではなく、空腹を満たす食べ方を基本とします。

 

食べたいものを食べるのが「食欲を満たす食べ方」ですが、お腹いっぱいになるまで食べたいものを食べ続ければ、どんどん太っていってしまいますよね。「空腹を満たす食べ方」とは、少しの量でも満腹になる食材を選び、空腹をなくす食べ方をすること。

 

低カロリーで、お腹いっぱいになれる食材を取り入れれば1日の摂取カロリーも大幅にカットすることができますよ♪

 

2.FNSダイエットを成功に導く意識の持ち方

 

 

「FNSダイエット」の成功の秘訣は「意識の持ち方」です。

「お腹がいっぱいになれば何を食べても良い」という考え方では、ダイエットを成功させることはできません。

 

「低カロリーでお腹いっぱいになれる食材を選ぶ」という意識を基本とするだけで、FNSダイエットを成功させることができるはずです。

 

例えば、お腹の中で膨張し、満腹感を得ることのできる食物繊維を積極的に摂取する。低カロリーでも筋肉や栄養素になるタンパク質を取り入れる。同じカロリーでも低糖・低脂質で栄養素の豊富な食材を選ぶ。

 

こういった意識付けをするだけで、低カロリーなのに栄養素豊富、満腹感も得られる食事を続けていくことができます。

 

どうしてもデザートが食べたくなったときも、ケーキやアイスクリームにするのではなく、フルーツやゼリーなど低カロリーの方を選び、食欲よりも空腹を満たす食べ方を徹底していきましょう!

 

3.FNSダイエットにおすすめ!積極的に取り入れたい食材

 

 

低カロリーでお腹もいっぱいになる栄養素豊富な食材を具体的にご紹介!

 

まずはお腹の中で膨らむ食物繊維を積極的に摂取します。食物繊維はゴボウや人参などの根菜類に含まれる「不溶性食物繊維」と、きのこや海藻類などの「水溶性食物繊維」をバランス良く取り入れていきましょう。

 

また鶏肉・魚・豆腐などの大豆食品には良質なタンパク質がいっぱいです。低カロリーで満腹感も得られますので、これらの食材もしっかり摂取してくださいね!

 

 

空腹を満たす食べ方のできる「FNSダイエット」をすれば、ダイエット中にお腹が空く心配もありません。満腹なのに痩せられる健康的なダイエットにあなたもチャレンジしてみてくださいね♪

関連記事

・これぞ新常識☆満腹感を感じながら賢く痩せるFNSダイエットとは?

・これぞ新常識☆満腹感を感じながら賢く痩せるFNSダイエットとは?

・これぞ新常識☆満腹感を感じながら賢く痩せるFNSダイエットとは?

実は春が1番ダイエットに向いていた!?今こそ夏に向けて痩せちゃおう♪

ポカポカ陽気が心地よいこの頃。夏に向けてダイエットに励んでいるという方も多いのではないでしょうか?実は春ってダイエットに最も効果的な季節なんですよ☆今回は、春がダイエットに向いている理由をご紹介していきたいと思います。

新陳代謝が活発になる

 

 

冬はその寒さから身を守るために脂肪を蓄えようとする生存本能が働きますが、気温の上昇とともに新陳代謝が活発になり、カラダを軽くしようという働きになります。

新陳代謝とは、老廃物の排出や新しい細胞や組織を作りだすために必要なエネルギーです。

老廃物が排出されると血液の循環もよくなり、美肌効果や冷えや肩こりの解消を期待することができます。
また、内臓の働きもよくなるので便秘の改善にも繋がるとされています。

新陳代謝が上がるということはダイエットだけではなく、美容にも健康にも効果的なんです。

 

運動を取り入れやすい

 

 

過ごしやすい気温が続く春は外に出かけたくなりますよね。
チャレンジ精神が高まり、運動にも精を出しやすいのではないでしょうか?
春は生きものたちが活動的になりますが、それは私達人間も同じなんですね。

また、春は新陳代謝があがるものの、基礎代謝は下がるとされています。

活動的になる春にどんどん運動を取り入れて基礎代謝をアップさせてあげることが、春ダイエット成功への近道となりますよ!

 

春野菜で老廃物を排出

 

 

先述した通り、春は新陳代謝が上がることで老廃物を排出しやすくなるのですが、その働きをサポートしてくれるのが春野菜たちです。

春キャベツや新玉ねぎ、山菜や菜の花など今の季節に美味しい春野菜たちは、デトックス効果の高いものが多いのです。

これらの春野菜は苦みや独特の香りがあるのが特徴ですよね。

この苦み成分のもととなるのは「植物性アルカロイド」という成分で、腎臓のろ過機能を高め新陳代謝を促し、老廃物を体外に排出する効果が期待できるんです。

旬の野菜は美味しいうえに安く手に入れることができるので、自然と口にする機会も多いはず。
積極的に春野菜を取り入れてダイエットを成功させましょう♪

 

 

いかがでしたでしょうか?

心地よい春風は気持ちも穏やかにさせてくれるため、モチベーション維持にも効果的です。

冬に溜めこんだ脂肪とはおさらばして、楽しい夏を迎えましょう☆

関連記事

・実は春が1番ダイエットに向いていた!?今こそ夏に向けて痩せちゃおう♪

・実は春が1番ダイエットに向いていた!?今こそ夏に向けて痩せちゃおう♪

・実は春が1番ダイエットに向いていた!?今こそ夏に向けて痩せちゃおう♪

朝ご飯は「MCTオイルコーヒー」に置き換え!空腹感にはもう負けない♪

運動はするのは嫌!効果は早く出てほしい!そんなわがままダイエッターの注目を集めているのが「MCTオイルコーヒー」です。特に毎朝コーヒーを飲んでリラックスするのが好きというコーヒー大好きさんにこそ試してほしい、簡単ダイエットなんです。そもそもMCTオイルコーヒーってなに?なんで痩せると言われているの?そんな疑問に答えていきたいと思います。

MCTオイルって何?

 

 

MCTオイルとは、100%ココナッツ由来のオイルで「食べたい」という欲求を抑えるオイルとも言われています。

 

「じゃあココナッツオイルなんだ」と思われた方、よく誤解が起こりやすいところですので注意が必要です。

 

このMCTオイルはココナッツオイルの中の中鎖脂肪酸のみを取り出した油です。100%中鎖脂肪酸であることが痩せるのに不可欠な条件なんです!

 

MCTオイルで痩せる4つの理由

 

 

このオイルがダイエットに効果的だと言われるのには4つの理由があります。

 

●食べてすぐにエネルギーになる

 

このオイルのすごいところは摂取してからエネルギーになるまでの速さです。一般的な油の4~5倍の速さで消化され、吸収、分解後、エネルギーとして燃やされます。

 

ダイエット中の人はなるべく油の摂取を控えるものですが、MCTオイルは食べてすぐエネルギーになるため、脂肪として体内に蓄積されないという利点があります。

 

●内臓脂肪燃焼に働きかける

 

MCTオイルに含まれる中鎖脂肪酸は内臓脂肪を燃焼させるよう、体内の脂肪酸に働きかける作用があるといわれています。

 

●体内の脂肪を燃やし痩せやすいカラダをつくる

 

体内のエネルギー源になる糖が不足した場合、脳は飢餓状態と判断し、体内の体脂肪を燃やしてエネルギーに変えようとします。この状態を人工的に作りだせば、体脂肪を燃えやすい体になります。この状態を「ケトーシス」と言います。

 

MCTオイルは体を「ケトーシス」という状態にしてくれるので、痩せやすい体質を作ることが出来ます。

 

●満腹感を感じやすくする

 

MCTオイルは、食欲を抑えて満腹感を感じさせる、レプチンというホルモンの働きをアップさせます。そのおかげでちょっとの量でもおなか一杯に感じ、食べ過ぎを防ぐことが出来ます。

 

MCTオイルコーヒーとは?

 

 

このMCTオイルを通常の料理に使うことも可能です。例えばドレッシングに使うとヘルシーなサラダの完成です。

 

しかし特に今注目を浴びているのが、「完全無欠コーヒー」という別名でも知られる、MCTオイルとバターをいれたコーヒーです。 このMCTオイルは乳製品と一緒に摂る事がお腹のためにも勧められています。

 

例えばヨーグルトやマヨネーズ、バターといった乳製品です。そのため完全無欠コーヒーも乳製品であるバターとの組み合わせが推奨されているのですね。

 

材料は

●ドリップコーヒー

●オーガニック無塩バター:大匙2杯

●MCTオイル:大匙2杯

●電動シェイカー

 

作り方はドリップコーヒーにバターとオイルを入れ、電動シェイカーで混ぜ合わせるだけです。簡単ですね。

 

今までパンやごはんでしっかり朝ごはんを取っていた方は、炭水化物のかわりにコーヒーを一杯飲みましょう。果物をプラスに取るのは良いかも知れません。これで空腹をおさえつつ一食分置き換えることが出来ます。

 

味もくせがなく、油っぽい感じもしません。朝食にMCTオイルコーヒーを飲むようになった方の中には、昼ごはんは糖分少なめに気を付けたものの、夜は普通に食事しビールも飲んでいたのに、たった1ヶ月で4キロもやせたという驚きの結果が出ました。

 

これこそダイエットの救世主!運動抜き、辛い食事制限なしの究極のダイエットです♪食事を食べたいのに我慢するのではなく「満腹感があるから食べない」だけ。これだと長く続けられそうですね。

 

MCTオイルはコーヒーだけでなく、いろんな食事や飲み物に入れて飲めるので、痩せた後の体重キープにも一役買ってくれそうです。

 

 

 空腹感を抑えて楽にダイエットできるというのがアメリカで大うけのMCTオイル。断食ではなく、大切な栄養素はとりつつ、健康的に痩せられるのもいいですね。色んなダイエットを試したけれどいまいち効果が感じられないという方、MCTオイルコーヒーをトライしてみるのはいかがですか?

関連記事

・朝ご飯は「MCTオイルコーヒー」に置き換え!空腹感にはもう負けない♪

・朝ご飯は「MCTオイルコーヒー」に置き換え!空腹感にはもう負けない♪

・朝ご飯は「MCTオイルコーヒー」に置き換え!空腹感にはもう負けない♪

しっかり食べられて低カロリー。ダイエッターにおすすめの食材5選

食事によるダイエットにも、いろいろと流行があり、年々新しいダイエット法が注目されています。 しかし、基本はやはり低カロリーを心がけること。 低カロリーで栄養価が高く、満腹感も得られる、そんな食材を毎日の食事に上手に利用すれば、ダイエットも無理なく順調に進められますね。 夏までにスリム体型を目指すダイエッターにおすすめの、低カロリーで優秀な食材たちを集めてみました!

低カロリーで腹持ちもいいこんにゃく

 

100gで7kcal、1枚がおおよそ300gなのでこんにゃく1枚で21kcalです。
こんにゃくは低カロリーでありながら、ダイエット中に不足しがちな食物繊維などの栄養素を豊富に含む食材です。
生芋こんにゃくには、美肌に必要なセラミドも含まれており、美容にも嬉しい食材。

また、こんにゃくに含まれるグルコマンナンは、水に溶けて膨張するので、食べた後に満腹感を得られるのもダイエットにはありがたい特徴です。
お肉代わりに焼いて食べると、満足感たっぷりでおすすめです!

 

デザートとしても使える豆腐

 

豆腐100gのカロリーは、絹ごし豆腐で56kcal、木綿豆腐で59kcalと低カロリー。
また、豆腐は大豆からできているので、ダイエットの際に必要なタンパク質が豊富。アンチエイジングに必要なポリフェノールも含まれているので、ダイエットに美容に嬉しい食材です。

高たんぱくで低カロリー。
しかもハンバーグに混ぜ込んだりとレシピが豊富な上に、冷奴などそのままでも食べられる手軽さも魅力です。
豆腐を使用したスイーツレシピもたくさんあるので、ぜひ利用したい食材ですね。

 

和洋中レシピが豊富なきのこ類

 

きのこ類100gあたりのカロリーは、なめこ15kcal、ぶなしめじ18kcal、しいたけ18kcal、えのき22kcal、エリンギ24kcalと、どれも低カロリーです。
キノコに含まれる食物繊維は水溶性食物繊維で、食欲を抑える効果や、血糖値の上昇を抑える働きがあるとされています。

また、きのこに含まれるキノコキトサンとビタミンBは、脂肪の燃焼を助ける働きもあり、ダイエットには最適な食材と言えます。また、ビタミンBは美肌にも必要な栄養素です。
きのこ類は、和食、洋食、中華どの料理にも合います。

特に、スープダイエットを行う際には必ず使用したい食材ですね。

 

肌や髪にも効果期待の海藻類

 

海藻に含まれる、フコイダンという水溶性食物繊維は、きのこ類と同じく食欲を抑えたり血糖値の上昇を抑える働きがあります。

そのほか、ビタミンやミネラルも豊富に含みます。
乾燥わかめ(水戻し)7kcal、もずく4kcalともちろん低カロリー。

また、海藻はどんな料理にも合い、加熱しても減らないので料理のかさ増しにもなり、食事全体のカロリーを抑えるのにも役立ちます。
海藻を原料とした、寒天や心太もダイエットにぴったり。

ぜひおやつに取り入れたい食材です。

 

がっつり食べたくなった時に鶏肉ささみ

 

ダイエット中とはいえ、やっぱり食べたくなるのはお肉。

以前は、お肉と言えばダイエットの大敵とされていましたが、タンパク質を多く含む肉類は筋肉を作るうえで必要。

むしろダイエットに必要ということが分かってきました。

 

おすすめは鶏肉のささみ。

100gで105kcalと肉類の中ではダントツの低カロリーです。
パサパサする食感が嫌いという意見もありますが、「先に下味をつける」や「火を止めて蒸らしながら加熱」など、ささみの美味しい食べ方レシピも多く出回っています。
サラダにも使えますが、たまにはがっつり食べたいという時に、ささみ唐揚げやささみカツはいかがでしょう。

 

ダイエットだけでなく美容や健康のためにも、積極的に日々の食事に取り入れたい食材ばかりですが、やはり食べ方や食べる量は重要です。
どんなに体に良い食材も、それだけしか食べないという食べ方では栄養が偏りますし、食べ過ぎもまた逆効果。
無理をせず、バランスよい食生活を楽しみながらダイエットを進めてくださいね!
 

関連記事

・しっかり食べられて低カロリー。ダイエッターにおすすめの食材5選

・しっかり食べられて低カロリー。ダイエッターにおすすめの食材5選

・しっかり食べられて低カロリー。ダイエッターにおすすめの食材5選