冷え性を改善する開脚とコブラのポーズ

開脚のポーズのとり方

開脚は冷え性の大きな原因と言われる骨盤の歪みを矯正して、体の内側から温める効果があります。

①床に両足を大きく開いて座り、手のひらを太ももの前の床につけ、ひざが浮かないようにし、肩の力を抜いて一息吸います。

②息を吐きながら両腕を床の前方へと伸ばしていきます。お腹胸、あごの順に床につけ、20秒~30秒ほどキープします。

③息を吸いながら元に戻します。

開脚のポーズをとるときの注意点

足を180度開き体を骨盤からペタンと折れるようなキレイな開脚は、よほど慣れた人でないとできません。
もともと体のかたい人や初心者、股関節や腰に痛みがある人は、無理をするとケガに繋がってしまいます。開脚は修行ではないので痛さを我慢しておこなわないようにしましょう。また、反動をつけておこなうのも危険をともないます。
できる範囲でおこなっても、十分骨格のバランスを整えることができます。

開脚のポーズをとることで得られる効果

開脚のポーズをとると下半身の大きな筋肉が働き、骨盤内の血流が良くなります。腰痛や冷え性、月経によるトラブルや便秘症にもにも効果があります。
下半身は水分や老廃物がたまりやすく、慢性的なむくみやだるさが取れにくい傾向がありますが、そけい部に刺激を与えることで解消できます。

片足開脚のポーズ

あぐらをかき、片足は曲げたままで、もう一方の足は大きく開く片足開脚は、比較的やりやすい開脚のポーズです。

片足開脚のポーズのとり方

①足を開いて座り左ひざを曲げてかかとを恥骨の方へ引き寄せます。

②上体を右に倒し右手で右足の親指をつかみ、息を吸いながら左手を上に上げて左耳に近づけます。息を吐きながら上半身を右に倒します。

③もう片側も同じようにおこないます。

片足開脚の効果

このポーズをくり返しとる習慣をつけると、ワキとそけい部のリンパの流れが良くなり、免疫力が高まり体が温まります。

体のかたい人などで、上体が思うように倒せななくてもウエストラインが伸びていれば効果がでています。無理をせず継続しましょう。

コブラのポーズ

コブラのポーズをとると、背骨と骨盤が矯正でき、腰や背中の疲れが取れ、冷え性が改善できます。

コブラのポーズのとり方

①うつ伏せになり、足は肩幅ほどに広げ、両手のひらを胸の横につきます。

②息を吸いながらあごを押し出すように上げ、肩甲骨を引き寄せながら胸を開き、上体を持ち上げます。

③腰を痛めないようにひじを突っ張って上体をさらに後ろにそらせ、20~30秒ほどキープします。

*体に柔軟性があり余裕があれば、ひざを曲げて足の裏を頭にできるだけ近づけてみましょう。
体質的に体が硬い人は無理をすると逆効果になるので、できる範囲でポーズをとるようにしましょう。

コブラのポーズの効果

コブラが鎌首をもたげたようなポーズをゆっくりおこなうと、背骨が1本ずつ刺激され、背中が温かくなってきます。
脊柱が活性化されることによって、自律神経の働きが高まり冷え性から解放されます。
また、自律神経が整うことでポジティブな気持になれます。

下半身に筋肉をつけるヨガ・腰かけ(イス)のポーズ

女性の体は男性よりも筋肉量が少ないため、冷え性の人が多いようです。
冷えを解消するには、食事や入浴、保温なども重要ですが、筋肉をつけることも大事です。
ヨガといえば柔軟性を高めるといったイメージが強いようですが、ポーズによっては筋肉をつけることも可能です。
下半身に筋肉をつける筋トレの代表といえば、スクワットですが、ヨガの「腰かけ(イス)のポーズは、下半身に筋力をつけるのに効果的です。

腰かけのポーズのとり方

①両足を肩幅に開いて立ち、両腕を伸ばしたままゆっくりと肩の高さまで上げます。
②息を吐きながらひざを曲げ、イスに腰かけるように太ももが床と水平になる位置まで腰を落とし、ゆったりとした呼吸をくり返しながら30秒ほどキープします。

バランス力を高めて自律神経を整える立木のポーズ

右足の裏を左太ももの付け根につけ、左足で立ち、胸の前で手を合わせ、息を吐きながら両手を左右に伸ばします。
次に、その手を上に上げて手首をクロスさせます。左側も同じようにおこないます。

まとめ

血流をよくして冷え性を改善するには、開脚やコブラのポーズが効果的ですが、バランス系の「立木のポーズ」や「腰かけのポーズ」ような筋トレ系のポーズを取り入れることで、内臓が冷えている「隠れ冷え性」も改善できます。
毎日の生活にヨガを効率よく取り入れて、体質の改善をはかりましょう。

これからの汗の時期のために!汗や皮脂に強い崩れないアイテム4選

いよいよ本格的な夏が始まります。夏は汗や皮脂も多くなる季節です。せっかくのメイクも崩れやすい季節だからこそ、汗・皮脂に負けないメイクアイテムを厳選しなければなりません。これからの季節に大活躍する「汗や皮脂に強い崩れないアイテム」をご紹介致しましょう!

1.インテグレート 水ジェリークラッシュ

 

 

<商品>

インテグレート 水ジェリークラッシュ /2,000円(税抜)、パフ /400円(税抜)(編集部調べ)

 

水ジェリーを、メッシュでくずしながら使う4月21日発売の新感覚ファンデーション。

ジェリー状のテクスチャが素肌にしっかりフィットして、気になる毛穴・凹凸をぷるんとカバーしていきます。

 

皮脂・汗に強いのは「水ベース&水ジェリー」のおかげ♡

明るく透明感のある、皮脂に負けないつるん肌へと導きます。

 

2.エスティローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

 

 

<商品>

エスティローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ /6,000円(税抜)

 

エスティローダーの「ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ」は、myrecoでもお馴染みの幅広い世代に愛される大人気リキッドファンデです。

 

圧倒的な「カバー力」と「キープ力」は、夏の季節にも大活躍!

至近距離でもシミ・シワ・毛穴などの肌トラブルを目立ちにくくし、時間経っても崩れないなめらかな美肌へ導きます。

 

汗の季節に特に気になる「テカリ」も抑えられるのが「ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ」の良いところ♡

リキッドタイプなのにベタつかず、汗・皮脂に負けない美肌を演出します。

 

3. ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂崩れ防止化粧下地

 

 

<商品>

ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂崩れ防止 化粧下地 /オープン価格

 

2018年3月にリニューアル発売されたソフィーナ プリマヴィスタの「皮脂崩れ防止化粧下地」は、化粧崩れに特化した化粧下地です。

 

化粧崩れの大きな要因は汗や皮脂によるファンデーションのよれ。

プリマの下地は皮脂吸着パウダーが皮脂を吸い、固めて、はじいて皮脂崩れを防ぎます。

リニューアルした「皮脂崩れ防止 化粧下地」には“皮脂吸着パウダー"に、自社従来品の約130%もの皮脂固化パウダーとオイルブロック成分によるトリプルアプローチ!

ファンデーションのとれ・ヨレを防ぐ成分を新配合♡

 

汗にも皮脂にも負けないなめらかな肌をキープします。

 

4.セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

 

※画像左

 

<商品>

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地 /600円(税抜)

 

プチプラコスメからも汗・皮脂に負けない優秀アイテムが販売されています。

プチプラ大人気コスメブランド「セザンヌ」から発売されている「皮脂テカリ防止下地」は、安心・安全・シンプルな処方で作られた化粧下地。

 

さりげない透明感を引き出しながら、化粧崩れの原因となる皮脂をしっかり吸収。

汗・皮脂でもべたつかず、サラサラとした感触で、なめらかなベースメイクを仕上げます。

「皮脂吸収パウダー」のおかげで、毛穴やシワなども目立ちにくくなりますよ♪

 

プチプラでも優秀なセザンヌの実力をぜひお試しください!

 

夏は化粧崩れの気になる季節。

崩れにくいコスメをチョイスし、汗・皮脂に強い肌をGETしていきましょう♡

関連記事

・これからの汗の時期のために!汗や皮脂に強い崩れないアイテム4選

・これからの汗の時期のために!汗や皮脂に強い崩れないアイテム4選

・これからの汗の時期のために!汗や皮脂に強い崩れないアイテム4選

夏にもぴったり♪思わず見せたくなる押し花で作るネイル特集♡

さりげないデザインがとってもキュートな「押し花ネイル」。どんなカラーにも似合う「押し花ネイル」は、夏にもぴったりです。思わず見せたくなるような「押し花ネイル」をご紹介致します。

1.鮮やかカラーで押し花ブーケ

 

 

ベースはクリアカラー。

しかし、鮮やかなカラーの押し花を取り入れるだけで雰囲気がガラリと変わりますよ。

 

色とりどりの押し花で作ったデザインは、まるでブーケのよう。

華やかな押し花ネイルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

2.さりげなくキュート♡大人女性向け押し花ネイル

 

 

こちらもクリアなベースカラーで、さりげなく押し花デザインを取り入れた、大人女性にぴったりの押し花ネイル。

押し花の色合いもレッド・オレンジなどの同系色で揃え、小花柄の押し花で気品あるデザインを作っています。

さりげない押し花ネイルを楽しみたい方におすすめです。

 

3.ブルーストーンで夏っぽく

 

 

こちらのネイルにも色とりどりの押し花がデザインされています。

ブルーのストーンを組み合わせると、一気に夏っぽさが高まりますね♪

 

ワイヤーパーツとブルーストーンで夏らしい押し花ネイルを楽しんでみてください。

 

4.ミントパステルの押し花フレンチ

 

 

パステルカラーのミントグリーンも夏にぴったりの色合い。

押し花でフレンチネイルデザインを作り、可愛らしい夏ネイルを仕上げていきましょう。

 

5.ふんわり可愛いチーク×押し花ネイル

 

 

ぽんぽんとのせた可愛らしいチークネイルの真ん中に押し花をデザインしたチークネイルと押し花ネイルのコラボデザイン。

クリアなピンクベースにブルーも加えて、夏っぽく仕上げてみましょう。

 

6.フェミニンな押し花ネイル

 

 

ホワイトのベースカラーにピンク・パープルのチークデザインを施した押し花ネイル。

ピンクとパープルの組み合わせは、フェミニンなスタイルにぴったりです。

 

7.押し花×手書きフラワーのエレガントネイル

 

 

花束のような押し花デザインと手書きフラワーを施したエレガントなネイルデザイン。

色鮮やかな花々が指先に高級感を与えます。

大人女性の夏ネイルにおすすめです。

 

8.大人の魅力を引き出す♡妖艶押し花ネイル

 

 

こちらもピンクとパープルを使ったネイルデザイン。

少し濃いめのカラーを使うだけで、大人女性の色っぽさを表現するこができますよ♪

押し花ネイルは長い爪にも似合います。

 

9.ミルキーカラーの押し花ネイル

 

 

パステルピンクとパステルブルーの2色のミルキーカラーを使った押し花ネイル。

右手・左手で色を変えてみるのも斬新で素敵です。

淡いカラーで夏気分を高めていきましょう。

 

10.アプリコットカラーの夏ネイル

 

 

パキッと明るいアプリコットカラーは、夏にぴったりの色合いです。

アプリコットカラーに、グリーンやブルーなどの夏色押し花を加えて、季節感たっぷりのネイルデザインを完成させていきましょう。

 

 

ベースのカラーだけでなく、取り入れる押し花のカラーによっても雰囲気を大きく変えることのできる押し花ネイル。

お好みのカラーを存分に取り入れて、夏にぴったりのネイルデザインを楽しんでみてくださいね♪

関連記事

・夏にもぴったり♪思わず見せたくなる押し花で作るネイル特集♡

・夏にもぴったり♪思わず見せたくなる押し花で作るネイル特集♡

・夏にもぴったり♪思わず見せたくなる押し花で作るネイル特集♡

シャンプーブラシを使うとどんな効果が? 自宅でサロン並みのヘッドスパ体験をするために

シャンプーブラシとは?

シャンプーブラシとは、主にシリコンなどで作られた髪の毛を洗う(シャンプーする)ためのブラシ型アイテムです。
普通に指でシャンプーを行うよりも心地よい強さで頭皮ケアが出来たり、爪が伸びていてそもそも指でシャンプーを行いにくいというような場合に便利なグッズとなっています。

シャンプーブラシの効果

シャンプーブラシの種類にもよりますが、主に以下のような効果が期待できます。

ネイルなど爪が長い場合にシャンプーしやすい

シャンプーブラシの恩恵が最も強いのは、ネイルをやっているなどでそもそも指でシャンプーが行えない人です。
シャンプーブラシを利用する事でしっかりと頭皮を洗う事が出来ますので、ネイルにダメージを与える事無くスッキリとシャンプーを行う事が可能です。

頭皮の心地よいマッサージ効果

シャンプーブラシは程よい弾力があるシリコン製のものが多く、軽く押し当てながらシャンプーを行う事で心地よいマッサージ効果を得る事ができます。
マッサージ自体は指でも可能ですが、例えば肩を自分の指で押すよりも専用のマッサージ道具で押した方が適度な強さにしやすいように、ブラシを利用する事で程よいマッサージ効果を得やすくなるため、血行促進で頭皮の環境を整える事が期待しやすくなります。

万遍なく頭皮を洗う事が出来る

シャンプーブラシは広範囲にわたって洗う面が細かく広がっているため、一度に頭皮の広い範囲を、万遍なく洗う事が出来ます。
指で洗っているとどうしても洗い残してしまう場所などが発生しますが、シャンプーブラシを利用する事で洗い残しが起こりにくくなるので、短い時間でしっかりとしたケアがしやすくなります。
全体が上手く洗いやすくなるため、ストレス無くスッキリとシャンプーが出来るようになるというのもメリットです。

髪を傷めにくい

指で洗うとどうしても髪も一緒に擦ってしまい、シャンプーの際に髪にダメージを与えてしまいますが、シャンプーブラシを正しく利用すれば髪との摩擦を減らす事が出来るため、髪がダメージを受けにくくなります。
髪は一度ダメージを受けると自力で回復する事が難しいため、ダメージを防止するという事は髪を美しく保つのにとても重要です。

シャンプーブラシはこんな人におすすめ

シャンプーブラシを利用するべき人として、やはり一番はネイルを行っている人。特に、爪を長く伸ばしていたり、スカルプなどを付けていたりする人は指によるシャンプーが困難なので、シャンプーブラシを利用した方が良いでしょう。
そこまで爪が伸びていなくても、シャンプーの際に頭皮をひっかいてしまうような人の場合はシャンプーブラシを利用する事で頭皮ケアの質を上げる事が出来ます。

また、髪が剛毛で硬いという人の場合は指でシャンプーをしようとすると髪が間に挟まって頭皮のシャンプーがしにくくなっている場合がありますので、シャンプーブラシを利用する事でしっかりと頭皮を洗いやすくなります。

シャンプーブラシが推奨できない人

シャンプーブラシは指と違い、放置しておくと雑菌などが繁殖しやすくなります。
定期的に買い替えたり、清潔に保ったりする必要があるため、道具のケアが苦手という人はあまり向いていないと言えます。

また、そもそも頭皮を洗う時に強い力でガシガシ洗わないと気が済まないという場合にも、シャンプーブラシを利用する事で頭皮をより傷つけやすくなる場合があるため不向き。
ただし、頭皮を強い力で洗う事はそれ自体が問題なので、まずは頭皮を傷つけない程度の力で、正しい洗髪を行うようにしましょう。

おすすめのシャンプーブラシの選び方

が尖った円錐の並んだもの、先っぽだけが細かく分かれたものが沢山ついたものなど色々な種類があります。
それぞれ洗い心地は変わるため、気に入ったものを購入するという考え方で基本的には問題ありませんが、より最適なものを選ぶとしたら下記のポイントをおさえましょう。

持ちやすい取っ手などがついていて扱いやすい

シャンプーブラシにはブラシと垂直に棒のような持ち手がついたものや、シャワーヘッドのような形状をしたものなど様々な持ち手の種類があります。
ぬれたり洗剤がついたりする中で細かく動かして使用する必要があるため、手に持ちやすく扱いやすいというのはとても重要なポイントになります。

洗う面が硬すぎない・尖り過ぎない

シャンプーブラシは頭皮に軽く押し当てながら使用するものですので、硬すぎると頭皮を傷つけやすくなります。
頭皮に充てた時、軽く先が曲がったりしなったりする程度の硬さのものを選ぶようにしましょう。
また、先が尖り過ぎて痛いようなものの場合、やはり頭皮を傷つけやすいので、軽く押し当てても痛みが無く気持ちいいくらいのものを選ぶと良いでしょう。

抜け毛の除去などケアがやりやすい

シャンプーブラシを使用すると、どうしても抜け毛などが絡まったりしてきます。こういったものをそのまま放置すると雑菌の繁殖などを引き起こす原因となるため、なるべく一度使用したらしっかりとケアを行いたいところなのですが、ブラシの目が細かすぎると抜け毛などが除去しにくくなります。
指が入るなど、ある程度の間隔があいていたり、ケアがしやすいもの。または、定期的に買い替える事が出来るようなものを選ぶと良いでしょう。

シャンプーブラシの使い方

シャンプーブラシを使う時は、ブラシを軽く頭皮に押し当てるくらい(ブラシの先がしっかりと頭皮にあたっている状態)で、ブラシを一方向に小刻みに動かすようにして使用します。

ブラシが頭皮に触れていないとしっかりと洗えませんし、頭皮が凹むくらいに力を入れてしまうと、頭皮が傷つく元になりますので、軽く触れるくらいを意識しましょう。
また、やりがちなのが円を描くように大きく動かす方法で、髪がブラシに絡まったり、摩擦によるダメージを受けやすくなったりしてしまいますので、1㎝くらいを小刻みに往復させるイメージで洗うようにしましょう。

ブラシを当てながら移動するのではなく、一ヶ所洗ったら移動する

指で洗う時は洗いながら徐々に部位を移動していくと思いますが、この洗い方だと髪がブラシに絡まる原因となります。
頭頂部を洗ったら一度ブラシを頭から離して、次に前、再度離して横、再度離して逆側の横、最後に後頭部といったイメージで、頭をパーツ分けしてそれぞれ洗っていくような流れが適しています。

シャンプーだけでは無くヘッドマッサージにも

シャンプーを洗い流した後、ヘッドマッサージとしてもシャンプーブラシは便利です。
洗う時はブラシを軽く当てて表面を細かくこするイメージですが、マッサージを行う時には少し強めに押し当てて、頭のツボを刺激するようなイメージでゆっくり動かしていきましょう。
頭皮のマッサージによって血行を促進する事で、健康で美しい髪が育ちやすい環境を作る事が出来ます。

シャンプーブラシを使う際の注意点

シャンプーブラシは、使用するだけで劇的にシャンプーの質が変わるというものではなく、正しい使い方を行う事でより良いシャンプーを行えるようにするというものです。
力を入れ過ぎれば頭皮が傷つきますし、動かし方が適当であれば全体をしっかりとケアする事もできません。
きちんとした使用方法を行えば、美容院で行うようなシャンプーの質を手に入れる事ができますので、手順や使い方をしっかり守って、質の高いヘアケアのために役立てていきましょう!

梅雨でも汗でもそのままキープ!メイクが崩れないためのコツ4つ

じめじめとした梅雨のシーズンがやってきます。この季節は、湿気や汗でメイクが崩れてしまうことも多々。メイクが崩れないためのコツをマスターし、ヨレない・崩れない、完璧メイクを1日中キープさせていきましょう!「メイクが崩れないためのコツ」をご紹介致します。

1.「洗顔」で皮脂汚れをしっかりオフ

 

 

化粧崩れは、汗や皮脂による「ファンデーションのよれ」によって引き起こされます。

顔に皮脂が残っている状態でメイクをすれば、せっかくの化粧もすぐに崩れてしまいますよ!

 

まずは、朝の洗顔で顔に残った皮脂汚れをすっきり取り除いておきましょう。

この時、ゴシゴシとこするような洗顔をするのは絶対にNGです。

過剰に皮脂を取り除けば、皮膚に備わったバリア機能が働いて、余計に皮脂が分泌されてしまいます。

 

ふわふわの泡で肌をなでるように洗顔し、余分な皮脂だけを除去していきましょう。

 

2.ベタつく季節でも乳液までしっかり使う

 

 

洗顔後はスキンケアに移ります。

湿気や汗の季節は、肌がベタつくため、化粧水だけでスキンケアを終わらせている人も多いかもしれません。

 

しかし、湿気・汗で肌がベタついても、乾燥状態であることも多々。

エアコン・紫外線などの影響により、夏の肌は想像以上に乾燥します。

 

皮脂・汗だけでなく乾燥も化粧崩れの要因です。

化粧水・乳液・美容液・クリームまで、きちんとスキンケアを行っていきましょう。

 

3.化粧下地には皮脂を吸収できるアイテムを利用

 

 

ベースメイクに欠かせない化粧下地。

化粧下地を塗ることで、肌色を均一にし、透明感のあるなめらかな肌に整えることができます。

肌の補正に利用するのはもちろん、夏は皮脂やテカリを防止することのできる化粧下地をチョイスしてみてください。

 

皮脂が吸収されることで、ファンデーションのヨレ・崩れを防ぐことができます。

 

・ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂崩れ防止 化粧下地

 

 

<商品>

ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂崩れ防止化粧下地 /オープン価格

 

ソフィーナ プリマヴィスタの「皮脂崩れ防止 化粧下地」は、化粧崩れに特化した化粧下地。

皮脂吸着パウダーが皮脂を化粧崩れを防ぎます。

 

2018年3月にリニューアルされ、自社従来品の約130%もの皮脂固化パウダーとオイルブロック成分によるトリプルアプローチを実現。

汗・皮脂に負けない肌へと導きます。

 

4.厚塗りベースは化粧崩れのモト!肌トラブルにはコンシーラー

 

 

肌トラブルをカバーするために、厚塗りファンデをしている人はいませんか?

たくさんのファンデはヨレ・崩れのモトです。

 

肌トラブルはコンシーラーでカバー。

ファンデは薄付きで、ルースパウダー・プレストパウダーでふんわりとしたナチュラル肌を作り上げていきましょう。

 

 

汗や皮脂を完全に止めることはできません。

しかし、洗顔からベースメイクまで、ちょっとのコツを取り入れるだけで、汗・皮脂に負けない肌を作ることができます。

夏でも崩れない肌をGETしていきましょう!

関連記事

・梅雨でも汗でもそのままキープ!メイクが崩れないためのコツ4つ

・梅雨でも汗でもそのままキープ!メイクが崩れないためのコツ4つ

・梅雨でも汗でもそのままキープ!メイクが崩れないためのコツ4つ

飲むだけで腸活!お腹スッキリ【キウイとパインのスムージーレシピ】

【レシピ】キウイとパイナップルの腸活スムージー

材料

キウイ・・・・・・・80g(1個)
パイナップル・・・・120g
セロリ・・・・・・・50g
生姜(皮ごと)・・・・5g
ミント・・・・ひとつまみ(今回はフレッシュミントを使いました)
水・・・・・・・・・1カップ(200cc)

作り方

①. 材料を切る
キウイは皮をむいてひと口大に切る
→皮むきが面倒な時は、包丁で真っ二つに切ってスプーンで中身をくりぬけば簡単です。

パイナップルは皮をむいて一口大に
セロリは筋は取らずにひと口大に
生姜は皮のままでOK

②. ミキサーに、
パイナップル→キウイ→セロリ→生姜→ミント→水
の順番で入れる

③. 滑らかになるまでミキサーにかける

朝食べるキウイはお腹の流れをよくする

食物繊維と聞いてすぐに思い浮かべるのはキャベツなどの野菜だという方は多いでしょう。しかし、フルーツも野菜と同じように食物繊維豊富なものがあります。
キウイフルーツは、食物繊維の中でも便を柔らかくして排便を助ける効果の高い「水溶性食物繊維」の含有率が抜群です。また、水溶性食物繊維は腸内の善玉菌の餌になるため、菌がお腹を整えるためによく働いてくれ、整腸作用には最適のフルーツといえます。

パイナップル、生姜、ミントでさらに腸をスムーズに

パイナップルにも食物繊維がたっぷりです、しかもカロリーが低いのも嬉しいフルーツです。爽やかな甘みがキウイにマッチします。

今回のレシピは、食物繊維たっぷりのパイナップルを中心に、水溶性食物繊維が沢山含まれているキウイで排便を助け、整腸作用にアプローチします。
さらに生姜とミントの組み合わせで、ほどよく腸を刺激しお腹にガスをたまりにくくしてお通じを促します。

キウイにはレモン8個分のビタミンC

ご存知でしたか?実はキウイはビタミンCを多く含む果物で、あのレモン8個分、さらに多いと言われているイチゴよりも多いんです。
美肌のために積極的にとりたい栄養素ですが、やはりきちんと栄養を吸収するためにはまず健康な腸である必要があります。

欲しい栄養を補給しながら、しっかり消化吸収する腸活スムージー、ぽっこりお腹や肌荒れがきになる方はぜひ試してみてくださいね。

スムージーの基本の作り方はこちらの記事で!

スムージーの基本 作り方のルールはこちら

ハーブティで美人習慣はじめませんか よくわかる入門ガイド

ハーブティとは

薬効、風味、色、舌触り、茶器・・・五感で愉しむお茶

ハーブとは、食用や、薬用、芳香用など、幅広く役立つ有用植物を広くそう呼びます。いわゆる「植物療法」に使われるような植物のことですね。
ですから、ハーブといえば「香りがいい植物」「健康にいい植物」などと限定的にイメージされがちですが、例えば庭に生えている雑草でも人に恵みをもたらすものであればハーブと言えます。
薬効や、風味、色など、ハーブを使ったハーブティにはそれぞれ違った特徴があり、健康のためだけでなく、香りや見た目の美しさなども含め自由に楽しめる娯楽の側面も大きいといえます。

ドライハーブティとフレッシュハーブティがある

ハーブティは大きく2つの種類に分かれます。一つはドライハーブといって、乾燥させたハーブを使ったお茶です。もう一方はフレッシュハーブといってその名の通り収穫して間もない生の(乾燥させていない)ハーブを使ったお茶です。

ほとんどの場合、ドライハーブの方が水分が少ない分お茶にした時に成分が出やすく、風味も濃く出ます。一方フレッシュハーブは水分が多い分水に成分が溶け出にくいですが、生特有の新鮮な香りや味わいが楽しめます。

ハーブティがもたらす様々な効果

成分を取り入れるだけでなく香りや味などによる体への影響

ホリスティック医療や、ナチュロパシーなど、人間も自然の一部と捉え、自然の力を借りて健康を維持したり、自然治癒力で不調を治したりと言った考え方があります。
ハーブによる健康効果はそのような考えに通じるところがあり、科学技術を使った病院や薬とは違ったアプローチで、健やかな心や体を維持するという目的で飲まれています。

ハーブティは飲むことによって体に取り込む成分の薬効だけでなく、香りや色、味なども心や脳に与える影響があります。

ファイトケミカル成分による効果

また、ハーブの世界では「ファイトケミカル」という成分の捉え方をすることがあります。植物の成長過程で作り出される、いわば自然の合成成分を植物化学(ファイトケミカル)と呼び、科学的に解明されているものから未知のものまで含めて何百種類と存在しています。
代表的なファイトケミカル成分は
・苦味質・・・唾液や胃酸の働きを助け、胃や肝臓を強くする
・粘液質・・・粘膜を保護し、免疫力や熱を保持する作用がある
・精油・・・抗菌作用や保湿作用など様々。ビタミンなどの栄養素を豊富に含み、ほとんどが脂溶性。
・タンニン・・・渋みなどを感じる成分。抗酸化や収れん作用などがある。
・アルカロイド・・・興奮作用、または心の鎮静作用がある
・フラボノイド・・・抗アレルギー、鎮静、発汗、利尿作用などがある
・ビタミン・・・生命維持やあらゆる美容、健康に欠かせない成分
・ミネラル・・・鉄、カルシウム、亜鉛など。土の中にある成分で、代謝など健康維持のために様々に働く。

・・・と、その成分の特徴から人間の体へもたらす作用を関連づけています。おばあちゃんの知恵袋的な感じに捉えていただければいいと思います。

いろんな悩みに効く

ハーブにはそれぞれ、含まれている成分を香りや飲むことで摂取することで、様々な不調や悩みを改善する効果があるとされています。

<美容・女性の悩み>
ダイエット、むくみ、肌荒れ、シミシワたるみ予防、月経、更年期、マタニティ

<体・健康>
疲労回復、生活習慣病予防、免疫、冷え、二日酔い、花粉症、風邪の症状、喉の痛み、消化、下痢、便秘、頭痛、肩こり、疲れ目、口臭予防、夏バテ

<心・ストレス>
やる気UP、リラックス、リフレッシュ、集中力UP、ストレス解消、睡眠
・・・などなど。

同じハーブが正反対の症状に効くこともある!?

ハーブは不調を整える作用を持つものが多く、同じハーブでも全く逆の症状に効果があるものがあります。例えば、レモングラスなどは、便秘にも下痢にも効きます。

ハーブティを生活に取り入れるメリット

病気になる前の予防になる

なんとなく体が冷える、だるい、疲れが取れない、などの不調が、病気に繋がったり、病気になる前のサインだったりします。
そういった不調を整え、病気を未然に防ぐために植物の持つ力を借りる「植物療法」として役立ちます。

娯楽として、日々の生活に安らぎと充実を与える

ハーブティはその味や成分で得られる効果効能だけがメリットではありません。
例えばポットからそっとカップにそそぎ入れる時の音やふわっと広がる香り、リラックスして一息つく時間、グラスの口あたりなど、ハーブティを飲むための時間そのものが日々の生活に彩りと安らぎを与えてくれます。

化粧品やアロマテラピーなどにも通じる知識が身につく

ハーブティを選ぶ際に、様々な植物の薬効や香りなどを知ることになるのですが、ハーブティとしてだけでなく、化粧品やマッサージなどで使われるエッセンシャルオイルや、お料理のスパイス、サラダの具材など、様々な場面で使われるハーブにも通じる知識を得ることができます。

ハーブティはこんな人におすすめ

・毎日の食事や習慣から健康や美を維持したい
・日々の生活を充実させCOLを向上させたい
・ハーブや栄養成分などの知識をつけたい

ハーブティの取り入れ方

ハーブティはハマると色々とやってみたくなりますが、そんなに難しく考えなくてもとっても手軽に始められます。

【初級】健康維持のために毎日手軽に楽しむ方法

・ティーマグ(茶こし・蓋つきガラスマグ)
・ブレンドハーブティ

紅茶と同じく、ポットと茶こしとカップがあれば基本的にはOK。
ですが、利便性の良さや見た目を楽しむことを考えると、茶こしのついた透明なマグが断然お勧めです!
作り方は、マグに茶こしをセットし、ブレンドハーブティと熱湯を注ぎ、蓋をして3〜5分待つだけ。あとは茶こしごと茶葉を取り出せば1杯分の出来上がり。
ブレンドハーブティは、スーパーやデパートなどでも購入できますし、専門店であれば「en herb」などが有名で店舗も多く便利です。
薬効などから選ぶのもいいですが、はじめのうちは純粋に楽しみやすいように、美味しさや飲みやすさなどで選ぶのがおすすめです。

【中級】好みや悩みに合わせて自分でブレンドして楽しむ

・ティーマグ(ポット、茶こしなど単体で揃えてもOK)
・すり鉢(乳棒と乳鉢)

手軽なブレンドハーブティが物足りないと感じたら、自分でハーブを揃えてブレンドしてみるのも楽しいですよ。
花びらや葉を使ったハーブはそのまま使えますが、種子などを乾燥させたものはすり鉢で潰してから使った方がより成分が出やすいですので、すり鉢も購入しましょう。

ハーブはお茶にして飲むのが最も手軽ですが、ブレンドでなく単体で使う場合は、お料理やお化粧品を作ったり様々なアレンジが可能です。ハーブの楽しみ方が広がります。

【上級】自分でハーブを育ててみる

自分でブレンドハーブティなどをしていると、様々なハーブの知識がついてきます。ドライハーブだけでなく、生の植物を使ったフレッシュハーブティなどもまた違った美味しさがありおすすめです。
室内で育てられるハーブも多く、好きなハーブを栽培して見ましょう。

ハーブティは最も簡単でおしゃれな植物療法

薬効や、風味、色など、楽しみ方は人それぞれ。
悩みに合わせたハーブをブレンドしてハーブティとして楽しむのもいいし、味や香りの好みで選ぶのもいいですね。
そして、ティーマグだけではなく、おしゃれなティーセットを揃えて楽しむのもおしゃれで楽しいと思います。

続けることで体も心も豊かになっていく、美人習慣を皆さんも始めてみませんか。

参考:『始めてのハーブティの教科書』著/佐々木薫 発行/PHP研究所

今後のシリーズ記事の予定

■ハーブティの入れ方 基本から応用まで
■ハーブティの選び方
■ハーブティの毎日の取り入れ方 超ライト編
■ハーブティの毎日の取り入れ方 通な人編
■ハーブティの毎日の取り入れ方 マニア編
■ハーブティのハーブごとの効能について
■■ハーブティの目的別選び方
■■フレッシュハーブの楽しみ方
などを予定しております。お楽しみに。