実は意外と見られている?簡単にできる手元ケア特集

年齢は手元と首元に現れやすいと言われていますが、意外と人に見られているのが手元です。手元が若ければ全体も若々しく見えるので、アンチエイジングの観点からはとても大切なパーツと言えます。これからの季節は乾燥しやすい季節なので、手元のシワなども目立ちやすく、ケアをしなければどんどん老けた印象になりがちです。簡単にできるケア方法をまとめてみました。

お風呂でできるケア編

 

お風呂でケアができれば時短にもなるので忙しい女性には嬉しいですよね。

まずはお風呂に浸かる前に顔様または体用のスクラブを使い、丁寧に古い角質を落としていきましょう。

普段酷使されている手元は、角質がたまりやすく、くすみの原因にもなってしまいます。
古い角質がたまったままだと、ハンドクリームなどの栄養剤も入りにくいので、このステップはとても重要です。
関節を重点的にスクラブしていくことがポイントです。

 

その後はお風呂に浸かっている間に顔用のパックを手の甲から指先にかけて塗ってください。
あとは時間が経ったら洗い流し、顔と同様にケアしていきます。

 

寝る前にできるケア編

 

寝る前に保湿剤を使用すると、寝ている間にじっくりと保湿されるのでオススメです。

プロのハンドモデルさんは指の関節にアイクリームを塗っているそうです。

アイクリームは目元用に作られたものですが、繊細な目元の皮膚にシワができないように働きかけてくれるので、指の関節にもぴったりなんだそうです。

その後はハンドクリームをたっぷりと塗り、できれば綿の手袋をして眠るようにすると、翌朝の手がふっくらとします。

 

外出先でできるケア編

 

外出先ではあまりべたつく保湿剤を塗りたくないですよね。
そんな時におすすめなのがキューティクルオイル。
キューティクルオイルとは爪と爪のまわりの皮膚を保湿する為のオイルですが、少量でよく伸びる上に今はペンタイプもあるので持ち運びに便利です。

気が付いたときに指先の保湿ができ、薄く伸ばすと指や手全体に使えるので一本持っておくととても便利ですよ。

 

スペシャル「ながらケア」編

 

手元のケアにまわす時間がない!という人に是非試してもらいたいのがこちらの方法です。
保湿剤をたっぷりと塗り、綿の手袋をつけます。
その上から更に家事用のゴム手袋をつけます。
そしていつもより熱めのお湯を使い、洗い物やお風呂掃除をするだけです。

 

外から温められて保湿剤がしっかりと浸透する上に「ながらケア」なので無駄な時間がかからず、まるでエステの後のようなつるつるの手になりますよ。

 

いかがでしたか?
どれも時間もお金もかからないものばかりなので、是非試してみてくださいね♡

関連記事

・実は意外と見られている?簡単にできる手元ケア特集

・実は意外と見られている?簡単にできる手元ケア特集

・実は意外と見られている?簡単にできる手元ケア特集

ナチュラルメイクでぼやけた印象に…改善すべきポイントはココ!

「トレンドにのってナチュラルメイクに挑戦したけど、すっぴんに間違えられることも多々…」。そんな経験を持つ女性も多いのではないでしょうか。自然な可愛さを引き出すことのできるナチュラルメイクですが、一歩間違えれば「手抜き」や「ぼやけた印象」を与えてしまうこともあるんです。メイクの改善ポイントをしっかり抑えて、ナチュラルメイクをマスターしていきましょう!

1.ただ薄くすればいいだけじゃない!ナチュラル肌の仕上げ方

 

 

ナチュラルメイクのベースとなるのが「肌」です。「すっぴんの方がナチュラル感が上がる」と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

シミやくすみ・そばかすなどの肌トラブルを隠さずにメイクすれば、ナチュラルメイクではなく、お疲れメイク・老け顔メイクになってしまいますよ!

肌の仕上がり方でぼやけた印象になるか、そうでないかが大きく分かれてきますので、ナチュラルベースのやり方をしっかりマスターしておきましょうね。

 

ナチュラルな印象を与えるベースメイクは、コンシーラーがキーポイント。化粧下地で肌のトーンを整えたら、コンシーラーで肌トラブルをしっかりカバーしていきましょう。

 

ファンデーションはリキッドタイプなら厚塗りにならないように要注意。

 

化粧下地・コンシーラーだけでベースを整えられるなら、ルースパウダーだけで仕上げるのもOKです。ふんわりナチュラルな美肌ベースを作っていきましょう。

 

2.盛らなくても作れる「目力アイ」をマスター

 

これまでアイメイクに力を入れていた方も多いはず!しかし「盛り過ぎアイ」はナチュラルメイクにはNGです。だからといって手抜きをすれば、目元のパッとしないぼやけたアイメイクになってしまいます。

 

ナチュラルアイは、2~3色のアイシャドウで作っていきましょう。アイホール全体にハイライトカラーを入れ、ダークブラウンで目の際、ブラウンカラーでまぶたに色味を入れれば、ナチュラルなアイメイクの完成です。

 

まつげはマスカラや、自然なつけまつげ・マツエクを利用してもOK!このときバサバサのまつげにならないように注意してくださいね!

 

ブラウンカラーのアイシャドウと、まつげメイクだけで、自然なアイメイクを仕上げていきましょう。

 

3.チーク・リップはコーラル色がGOOD!

 

 

ナチュラルメイクでもチーク・リップは欠かせません。チーク・リップメイクには、肌馴染みが良く、血色感を高めることのできるカラーを選ぶのがポイントです。

 

おすすめはコーラル色。頬にも唇にも溶け込むように馴染み、自然な血色感を引き出すことができます。

 

 

自然に顔全体を明るくするのがナチュラルメイクのポイントです。整えられたベースメイク・ナチュラルな目力・血色感を引き出すチーク・リップメイクをマスターし、ぼやけた印象を解消させていきましょう!

関連記事

・ナチュラルメイクでぼやけた印象に…改善すべきポイントはココ!

・ナチュラルメイクでぼやけた印象に…改善すべきポイントはココ!

・ナチュラルメイクでぼやけた印象に…改善すべきポイントはココ!

ボディオイルを味方につけて♡リンパマッサージでリラックス♪

美ボディを目指すなら、リンパマッサージは基本!老廃物をしっかり流して、むくみのないスレンダーなボディへと整えていきましょう♪毎日のマッサージをリラックスタイムにするために良い香りのボディオイルを利用してみてはいかがでしょう♡香りも保湿力も抜群のおすすめボディオイルをご紹介致します!

 1.ジルスチュアート リラックス ボディオイル

 

 

<商品>

ジルスチュアート リラックス ボディオイル /3,000円(税抜)

 

「ピーチカーネルオイル・ローズヒップオイル・アプリコットオイル・グレープシードオイル・マカデミアナッツオイル」の5種類のオイルがバランス良く配合された大人気コスメブランド「ジルスチュアート」のボディオイル。

 

肌になめらかにフィットするエモリエント成分も配合されており、ひじ・ひざ・かかとなどの乾燥しやすい部分もしっかり保湿していきます。

 

ホワイトフローラルの香りで全身を包み、みずみずしくしなやかなボディを目指していきましょう♪

 

 2.SABON ボディオイル

 

 

<商品>

SABON ボディオイル 100ml /3,000円(税抜)

 

爽快な使用感なのに、全身をしっかり保湿することができるSABON自慢のボディオイル。アーモンド・ボラ―ジ・アサイーなどの草花から抽出された厳選天然オイルを配合し、乾燥した肌にスッと浸透して、なめらかな肌へと整えます。

 

バニラ・ラベンダー・ムスクの3種類の香りの中からお好みのフレグランスを選び、艶やかに潤う肌を手に入れてみてはいかがでしょうか♡

 

3.ヴェレダ ホワイトバーチ ボディオイル

 

 

<商品>

ヴェレダ ホワイトバーチ ボディオイル /3,800円(税抜)

 

世界での売上類計1,000万本を突破したヴェレダ・ジャパンの中でも人気NO.1のボディオイルです。グレープフルーツの爽やかな香りを持つヴェレダのボディオイルは、肌全体に潤いを与えるだけでなく、ヒップや太もも、二の腕などの肌のざらつきもケアすることができます。

 

全身のボディマッサージ・リンパマッサージで憧れの美肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

肌をなめらかにする「アンズ核油」や、しっとりとした肌へと導く「ホホバ種子油」、「コムギ胚芽油・ヨーロッパシラカバ葉エキス・ローズマリー葉エキス」などの保湿効果抜群の厳選植物オイルもたっぷり配合!

 

ヴェレダの優秀ボディオイルで、しなやかでハリのある肌をGETしていきましょう!

 

4.クラランス ボディオイル アンティ オー

 

 

<商品>

クラランス ボディオイル アンティ オー 100ml /7,400円(税抜)

 

爽やかな香りを持つクラランスのボディオイルも、すっきりとした心地の良い肌へと整える人気アイテムです。

 

さらりとした軽いテクスチャのヘーゼルナッツオイルには「ビターオレンジ・レモン・ゼラニウム」などのエッセンシャルオイルも含まれます。

 

豊かな香りで全身をリフレッシュさせていきましょう!

 

 

どのボディオイルを使っても、アロマ気分でリンパマッサージを行うことができますよ♪ボディオイルをたっぷり利用し、もちもちで柔らかな美肌へと整えていきましょう!

関連記事

・ボディオイルを味方につけて♡リンパマッサージでリラックス♪

・ボディオイルを味方につけて♡リンパマッサージでリラックス♪

・ボディオイルを味方につけて♡リンパマッサージでリラックス♪

華やか+ひと工夫がポイント。子供の授業参観のヘアアレンジ

お子さんの授業参観、ファッションは決まっても、どんなヘアスタイルがいいんだろう・・・?と悩む方が多いようですね。 確かに、ショップでは授業参観に適した上下セット等が販売されていますが、ヘアスタイルまではさすがに無く、どういったスタイルでいったらいいのか困ります。 そこで、今回は「浮かない・でもオシャレで素敵」な簡単ヘアアレンジを髪の長さ別にご紹介していきます。 「自分がどう見られているか」を気にするのではなく、お子さんの「授業風景」をしっかり見るためにも、是非ご覧下さい。

ロング編:華やかに、でもスッキリがポイント

 

 
ロングヘアの場合、華やかさは出しやすいのですが「落ち着いた雰囲気」はなかなか出しづらくなってしまうのがデメリット。
その場合は、えり足の毛束だけを残し、思い切ってバックにまとめてしまうと落ち着いた女性の雰囲気を出す事ができます。
完全にまとめてしまうと、顔の輪郭が強調されて気になる場合は、サイドの髪はほんの少しだけ残してみましょう。顔の輪郭を髪で覆うと小顔効果が出ます。

お団子にしてまとめるなら、ねじって作るのがポイント。
ねじってからお団子にすると、ヘアスタイルが崩れにくく、ちょっとしたトラブルでも
化粧室等で簡単に直す事ができます。

このヘアスタイルは別名「万能ヘア」とも呼ばれ、ヘアアクセを加えたりおくれ毛を残すとあらゆるシーンに対応できるので、是非覚えておきましょう。
和装や結婚式にもセルフで整える事のできるヘアアレンジです。

 

ミディアム編:編み込み&ポニテで一歩先のおしゃれ♡

 

 
ミディアムさんなら、編み込みが最も手早く、オシャレテイストを醸し出す事ができます。
サイドに大きく編み込みを作ってもOKですし、何ヶ所かに三つ編みを作ってまとめても素敵ですね。

 

まとめた髪にアクセントが欲しい場合は、ゴムの上からヘアアクセサリーを着けてみましょう。
あまり子供じみたものではなく、できるだけ落ち着いたデザインを選んで。

 

このようなポニーテールも、スッキリとした印象が強く出るので好感が持たれやすいヘアスタイルです。
ほんの少しだけポンパドール(ふんわりと前髪を持ち上げるヘアアレンジ)を使うと、上品さも出るのでオススメ。

 

ショート編:ちょっと大きめのヘアアクセがカギ

 

ショートさんの場合、ヘアアレンジの方法が少ないように感じてしまうかもしれませんが、ヘアアクセを使ったり、軽くねじるだけでも動きがでます。

定番のバレッタを使う場合は、着ける場所にだけ注意して下さい。

位置が高すぎると子供っぽくなってしまいますし、逆に下過ぎるとちょっと「老けた」印象になってしまいます。
基準を耳のちょうど真後ろぐらいにしておくと、大人っぽく、かつオシャレなポジションを保てますよ。

後ろの髪をアレンジしなくても、前髪をアレンジするだけで印象はガラリと変わりますよ。

ポンパドール風にしたり、斜めに前髪を寄せたり…。

お気に入りの前髪アレンジ法を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたか?
せっかくの授業参観ですから、自分だけではなくカワイイお子さんにも「ママ素敵!」と言われるスタイルで望みたいですね。
この機会に、いろいろ研究してみてはいかがでしょうか♪

関連記事

・華やか+ひと工夫がポイント。子供の授業参観のヘアアレンジ

・華やか+ひと工夫がポイント。子供の授業参観のヘアアレンジ

・華やか+ひと工夫がポイント。子供の授業参観のヘアアレンジ

しっかり食べられて低カロリー。ダイエッターにおすすめの食材5選

食事によるダイエットにも、いろいろと流行があり、年々新しいダイエット法が注目されています。 しかし、基本はやはり低カロリーを心がけること。 低カロリーで栄養価が高く、満腹感も得られる、そんな食材を毎日の食事に上手に利用すれば、ダイエットも無理なく順調に進められますね。 夏までにスリム体型を目指すダイエッターにおすすめの、低カロリーで優秀な食材たちを集めてみました!

低カロリーで腹持ちもいいこんにゃく

 

100gで7kcal、1枚がおおよそ300gなのでこんにゃく1枚で21kcalです。
こんにゃくは低カロリーでありながら、ダイエット中に不足しがちな食物繊維などの栄養素を豊富に含む食材です。
生芋こんにゃくには、美肌に必要なセラミドも含まれており、美容にも嬉しい食材。

また、こんにゃくに含まれるグルコマンナンは、水に溶けて膨張するので、食べた後に満腹感を得られるのもダイエットにはありがたい特徴です。
お肉代わりに焼いて食べると、満足感たっぷりでおすすめです!

 

デザートとしても使える豆腐

 

豆腐100gのカロリーは、絹ごし豆腐で56kcal、木綿豆腐で59kcalと低カロリー。
また、豆腐は大豆からできているので、ダイエットの際に必要なタンパク質が豊富。アンチエイジングに必要なポリフェノールも含まれているので、ダイエットに美容に嬉しい食材です。

高たんぱくで低カロリー。
しかもハンバーグに混ぜ込んだりとレシピが豊富な上に、冷奴などそのままでも食べられる手軽さも魅力です。
豆腐を使用したスイーツレシピもたくさんあるので、ぜひ利用したい食材ですね。

 

和洋中レシピが豊富なきのこ類

 

きのこ類100gあたりのカロリーは、なめこ15kcal、ぶなしめじ18kcal、しいたけ18kcal、えのき22kcal、エリンギ24kcalと、どれも低カロリーです。
キノコに含まれる食物繊維は水溶性食物繊維で、食欲を抑える効果や、血糖値の上昇を抑える働きがあるとされています。

また、きのこに含まれるキノコキトサンとビタミンBは、脂肪の燃焼を助ける働きもあり、ダイエットには最適な食材と言えます。また、ビタミンBは美肌にも必要な栄養素です。
きのこ類は、和食、洋食、中華どの料理にも合います。

特に、スープダイエットを行う際には必ず使用したい食材ですね。

 

肌や髪にも効果期待の海藻類

 

海藻に含まれる、フコイダンという水溶性食物繊維は、きのこ類と同じく食欲を抑えたり血糖値の上昇を抑える働きがあります。

そのほか、ビタミンやミネラルも豊富に含みます。
乾燥わかめ(水戻し)7kcal、もずく4kcalともちろん低カロリー。

また、海藻はどんな料理にも合い、加熱しても減らないので料理のかさ増しにもなり、食事全体のカロリーを抑えるのにも役立ちます。
海藻を原料とした、寒天や心太もダイエットにぴったり。

ぜひおやつに取り入れたい食材です。

 

がっつり食べたくなった時に鶏肉ささみ

 

ダイエット中とはいえ、やっぱり食べたくなるのはお肉。

以前は、お肉と言えばダイエットの大敵とされていましたが、タンパク質を多く含む肉類は筋肉を作るうえで必要。

むしろダイエットに必要ということが分かってきました。

 

おすすめは鶏肉のささみ。

100gで105kcalと肉類の中ではダントツの低カロリーです。
パサパサする食感が嫌いという意見もありますが、「先に下味をつける」や「火を止めて蒸らしながら加熱」など、ささみの美味しい食べ方レシピも多く出回っています。
サラダにも使えますが、たまにはがっつり食べたいという時に、ささみ唐揚げやささみカツはいかがでしょう。

 

ダイエットだけでなく美容や健康のためにも、積極的に日々の食事に取り入れたい食材ばかりですが、やはり食べ方や食べる量は重要です。
どんなに体に良い食材も、それだけしか食べないという食べ方では栄養が偏りますし、食べ過ぎもまた逆効果。
無理をせず、バランスよい食生活を楽しみながらダイエットを進めてくださいね!
 

関連記事

・しっかり食べられて低カロリー。ダイエッターにおすすめの食材5選

・しっかり食べられて低カロリー。ダイエッターにおすすめの食材5選

・しっかり食べられて低カロリー。ダイエッターにおすすめの食材5選

【糖質制限レシピ】鶏むね肉とブロッコリーのジンジャー酒蒸し-ダイエット弁当に

ダイエットお弁当のメインに入れてみて

ダイエット弁当は量より質が重要。この鶏胸肉だけで済ませずに、いくつ2〜3品のお料理を組み合わせて入れてくださいね。
ダイエット弁当の基本構成はこちらの記事を参考にしてください。

ダイエット弁当3つの極意

【レシピ】痩せる!鶏胸肉とブロッコリーのジンジャー酒蒸し

(お弁当2〜3食分:糖質5.17g)

材料

鶏胸肉・・・・・・1枚
ブロッコリー・・・1/2株
生姜・・・・・・・10g
酒・・・・・・・・大さじ3
砂糖・・・・・・・ひとつまみ
塩コショウ・・・・少々
鶏ガラスープの素・・・小さじ1
ごま油・・・・・・小さじ2

作り方

①. 鶏胸肉は薄めのひと口大に切り、酒と砂糖を揉み込み、塩コショウで下味をつける(切るときは削ぎ切りにすると火が通りやすい)

②. ブロッコリーはよく洗い小房に分ける。生姜は皮をむき細めの千切りにする

③. 火をつけてないフライパンにごま油をひき①フライパンの半分に鶏胸肉を並べて火をつけ、煮立ったら蓋をして弱火で5分蒸し焼きにする

④. 5分後にフライパンの半分にブロッコリーを並べ、生姜を鶏胸肉の上に乗せたら、蓋をして2分再び蒸し焼きにする
※ブロッコリーも火を通しすぎずないほうが食べ応えが出て満腹感が得られます。茎の部分にも栄養素はたくさん。捨てずに皮をむいて使いましょう。

美味しく作る 調理のポイント

鶏ムネ肉のパサつきを防ぐ方法

鶏ムネ肉は、さっぱりしているので調理方法は何でも合いますが、その分脂肪が少ないので加熱しすぎるとパサパサになるので、美味しく作るためにコツが必要です。
大事なポイントとしては、加熱するときに、水分をなるべく逃がさないように仕上げるということ。そのコツをお伝えします。

<下ごしらえのポイント>
まず、肉を切った後に酒と砂糖を加えて揉み込むと、柔らかくしっとりします。
砂糖には保水力(水分を抱え込む力)があるので、火を入れたときにパサパサになったり固くなったりするのを防ぎます。

<加熱のポイント>
長く加熱することがパサパサの原因になります。短時間で焼きあがるよう、調理する前に冷蔵庫から出して常温にしておくもの良いです。
フライパンでの調理の際には、蓋を活用して弱火で火を通していきます。まず表面に色がつくまで熱した後、蓋をして蒸し焼きにすれば、水蒸気で中までじっくり熱が伝わり、ふっくらジューシーに焼きあがりますよ。

鶏ムネ肉はダイエッターにとって欠かせない食材

ダイエット中は低カロリーで高タンパク質な食材がとても重宝します。
その代表的な食材が鶏ムネ肉です。

鶏ムネ肉がダイエットに向いている理由

・脂質、カロリーが低いのに、タンパク質が豊富
・水分が75%ととても高く、消化吸収もいい
・ビタミン6が豊富
ビタミン6とは、タンパク質をアミノ酸に分解し、食物を効率よく代謝できるようになり、痩せやすい体作りに役立ちます。
さらに、ホルモンバランスも整えるため、“美しく痩せたい”という女性の強い見方です。

ただし注意していただいたいのは、鶏皮。脂質がとても多くカロリーが高いので、ダイエット中は鶏皮を取り除いて食べることをおすすめします。

ブロッコリーも“痩せ”食材

お肉を食べる時には、野菜も一緒に食べることをおすすめします。なぜなら、野菜の食物繊維が脂肪を分解し、脂質の吸収を抑えてくれるからです。さらに、ビタミンやミネラルを含んでいると野菜のタンパク質やアミノ酸の働きを助けるため、相互に作用します。

ブロッコリーをダイエットにおすすめする理由

ブロッコリーは低糖質な野菜の代表格。なおかつタンパク質やビタミンなど、栄養価も高い優秀食材です。
食物繊維も豊富で便秘解消にも。
さらには食べ応えもあり、少量で満足感を得られます。

代謝アップのためにはタンパク質をとる

痩せるためには代謝を高めることが大事と、みなさんは耳にタコができるほど聞いてきたと思います。そのためにはやはり筋肉をつけ、活動量を増やすことで代謝が活発になります。

筋肉を作るために必要なのがタンパク質。細かくいえばアミノ酸やビタミン、ミネラルなど、もっともっとあるのですが、筋肉の主要成分であるタンパク質を取らないことには始まりませんよね。

ダイエッターの味方! 鶏ムネ肉とブロッコリーを活用して、いろんなダイエットレシピを試してみてください。

【アレンジレシピ】ブロッコリーチャンプルー

(分量はありません。作り方のみです)
鶏胸肉とブロッコリーのジンジャー酒蒸し
豆腐

塩コショウ
醤油
かつお節

作り方
①.鶏胸肉とブロッコリーのジンジャー酒蒸しと崩した豆腐を入れて炒める
②.溶き卵を回し入れて混ぜながら炒め、卵に火が通ったら醤油を入れてさっと炒める
③.かつお節をのせる

アトピー肌でも使えるおすすめのファンデーション♪ 塗り方・落とし方

アトピー肌のスキンケアのポイント

アトピー性皮膚炎は、かゆみや発疹が繰り返し現れる皮膚の疾患。顔や首、皮膚、膝などに特にあらわれやすく、強い人では全身にあらわれます。
アトピー性皮膚炎の方の皮膚はバリア機能が弱まって皮膚の中で本来抱え込む水分が外に出てしまい、乾燥している状態です。肌は乾燥してしまうと外部刺激を受けやすく、かゆみを感じたり炎症を起こしたりします。
そのような状態を繰り返すことでさらに皮膚の状態が悪化し、悪循環となってしまいますので、アトピー性皮膚炎で肌の弱い人にとって肌への刺激は最も避けたいことであり、加えて水分を補ってあげることで肌の保護をしてあげることが必要です。

刺激になる成分を与えない

まず、肌のバリア機能が弱まっている状態に対して最も避けたいことが、刺激になる成分です。そのためスキンケアなどの直接肌に触れるものについては配合成分に注意しましょう。
スキンケアコスメによく使われているものの中で刺激になりやすいものの代表的なものとして、パラベンなどの防腐剤が挙げられます。配合料としてはごく微量でも、アトピー肌の人には刺激になりやすい成分です。湿疹や水疱を引き起こしたり、ホルモンバランスを崩すなどの恐れがあります。
パラベンは防腐剤の中では安全性が高い方ですが、パラベンに対するアレルギーなどもあるため、アトピー肌の場合はパッチテストなどをしっかり行って肌との相性を確認する必要があります。

また、アルコール類も肌に刺激となります。エタノール、ベンジンアルコールなどで赤みや湿疹、かぶれなどが出やすい人がいます。

さらに、アトピーはアレルゲンなどに対しての防御力が弱いため、植物由来の無添加コスメやオーガニックコスメでも注意が必要です。

ちなみに、「アルコールフリー」や「パラベンフリー」とパッケージに書かれているものでも、代替となる他の防腐剤などが入っている場合もあるため、注意が必要です。必ず腕などを使って肌に刺激にならないか確認してから顔に使うようにしましょう。

保湿をしっかり行い肌のバリア能力を補ってあげる

アトピーはだは水分が逃げてしまい乾燥している状態。肌のバリア機能を補うためにもスキンケアで保湿をしてあげましょう。
また、ファンデーションなどのメイクをする前にもたっぷり保湿をしてあげないとファンデーションや日焼け止めの成分が肌に入り込み、肌の奥を刺激してしまいますので、先に潤い成分で染み込みをガードするためにも肌の保湿は重要です。

スキンケアコスメは大抵の場合、含有成分が少ないシンプルなものほど、刺激となる元も少ないと考えてよいです。ですが、化粧水などは成分の大部分が水ですので、ただの水をつけたところで肌は十分には潤いませんよね。
そこで、基本的にはセラミドなどの本来肌に備わっている保湿成分と近い成分が入った化粧水や乳液、肌に刺激が少ないオイル、また皮脂の代わりとなるワセリンなどで肌を整えるとよいでしょう。

アトピー肌に合うファンデーションの種類

最も適しているのはパウダータイプ

アトピー肌に使うファンデーションのタイプは、パウダータイプが最適。
一方リキッドタイプは水分と油分の分離を防ぐために界面活性剤が使われていており、また、水分が多いと微生物が繁殖したり、腐りやすいため防腐剤も多く使われる傾向にあって、肌の刺激になりやすいため避けたほうが無難です。

そもそも、アトピー肌は乾燥しがちなので、ガサガサに荒れた肌にリキッドファンデを塗ると油分や水分を肌が吸い取ってしまうため、どのみちヨレや崩れが起きやすいです。

シンプルな処方のミネラルファンデーションを選ぼう

パウダーファンデーションの中でも、より処方がシンプルで、つけたまま寝られるくらい肌に優しいものを選びたいですね。

ファンデーションの成分で特に注意したい刺激の強い成分、合成界面活性剤、防腐剤(メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、BG、フェノキシエタノールなど)は可能な限り避けましょう。
ただ、防腐剤はコスメの品質を保つために重要な役割も担っているので、入っていないものを選ぶというより、なるべく少ないものを探して肌への刺激などを確かめてから利用するようにすると良いでしょう。

また、合成香料などもファンデーションの機能としては不要なのでできるだけ入っていないものがいいです。

「オーガニックコスメ」「無添加コスメ」が肌にいいとは言い切れない

肌が敏感な人向けの商品で「オーガニック」や「無添加」を売りにした商品がありますが、確かに中にはシンプルな処方で肌に優しいものもありますが、植物性のものが必ずしも人の肌に合うとも限りません。

まだ肌にどんな影響があるかもわからないものが自然のものには多いので、必ず肌の目立たないところで試してから顔につけましょう。

石鹸での落ちやすさも選ぶ際の一つの基準

アトピーの肌は乾燥しやすく肌に触れるもの全てが刺激となるため、ファンデーションだけでなくクレンジングなどでの肌への負担もできるだけ軽くしたほうがいいですよね。ですので、洗浄力が強すぎないシンプルな石鹸で、あまり強くこすらなくても落ちるくらいソフトなファンデーションであることも重要です。

敏感肌向けのミネラルファンデーションなどがオススメ

ミネラルファンデーションと言われているものは一般的に天然の鉱物(ミネラル)を主原料としており、刺激となりやすい科学的なものが比較的少ないことから、肌に優しいイメージを持つ方も多いでしょう。

ミネラルファンデーションと言われているものは一般的に天然の鉱物(ミネラル)を主原料としており、刺激となりやすい科学的なものが比較的少ないことから、肌に優しいイメージを持つ方も多いでしょう。

天然の鉱物を使ったミネラルファンデーションは、マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄などが主な原料として使われます。
さらにシリカやステアリン酸でコーティングされているものは肌にダメージを与えにくいので、オススメです。

ただし、明確なミネラルファンデーションの基準や定義といったものはないため、商品によって品質に差があるのも事実です。
例えば、「タルク」という原料は製造過程で発がん性物質であるアスベストを使用することがあり、タルクを使用したベビーパウダーの長期使用によって卵巣がんになったというような事例も発生しました。その後、日本国内で製造されているタルクについてはアスベストが含有されていない事などが明確にされていますが、製造する国によってはいまだに規制されておらず使われている可能性があります。
このように、例え同じ原料名であっても商品によっても安全性が変わってしまう場合もあり、肌がデリケートな人は毒性のある物質に対する防御力がないので避けたほうがいいでしょう。

UVカット効果のあるものだとなお◎

なんども言うようにアトピー肌は外部の刺激に弱く肌の防御力が弱く、紫外線に対するバリア機能も弱いので、日焼け止めなどでガードする必要も大いにあります。
ファンデーションの成分はシンプルなほどいい、と先ほど述べましたが、日焼け止めについても同じことが言えます。日焼け止めの成分としては、紫外線吸収剤と呼ばれる合成成分が主なのと、紫外線散乱剤と呼ばれる天然の鉱物由来(二酸化チタンや酸化亜鉛など)が主な物と2種類あるので、後者の成分を使ったUVカット効果のあるファンデーションを選ぶとより肌のためにはいいです。

アトピー肌にオススメのファンデーション

上記の選び方を前提として、ミネラルファンデーションの中からオススメのものをピックアップしてみました。

アトピー性皮膚炎にオススメのファンデーション

アトピー性皮膚炎で、落ち着いているときは普通肌、もしくは脂性肌と乾燥肌の両方の特徴を持つ混合肌の人は、パウダータイプのミネラルファンデーションでOK。
プレストパウダーファンデはしっかり目にカバーできます。

MiMC ミネラルエッセンスモイスト

脂性肌のアトピー性皮膚炎にオススメのファンデーション

脂性肌には皮脂を吸着しテカリを抑えるパウダータイプのミネラルファンデがオススメです。
肌の表面に薄いベールを纏うように、顔全体にブラシでのせたああと、てかりやすいTゾーンやカバーしたい部分に少し多めにのせましょう。

エトヴォス ディアミネラルファンデーション

乾燥肌のアトピー性皮膚炎にオススメのファンデーション

乾燥肌の場合、パウダーよりも、水分も油分も少量配合されたクリームタイプのミネラルファンデーションがオススメ。
ただし、肌がピリピリする時やかぶれなどが気になった時にはパウダータイプを軽くのせるか、ファンデーションを使わないようにしましょう。

MiMCミネラルクリーミーファンデーション

アトピー肌に合うファンデーションの塗り方

メイク前にスキンケアでしっかり保湿

肌に水分がたりてないと、角質層からファンデーションが入り込みやすくなったり、余分な皮脂が出てメイク崩れの原因になります。それを防ぐためにも、まずはしっかりと保湿しましょう。
特にアトピー肌は水分を失いやすいので、セラミドなどの化粧水でたっぷり保湿しましょう。

ブラシやパフは清潔で柔らかいものを使う

敏感な肌にはブラシすら刺激になります。とにかくこすったりせず、ブラシの場合もスポンジパフの場合も、ぽんぽんと乗せる感じで優しく肌にファンデーションをつけていきましょう。
また、ブラシやパフはできるだけ柔らかいものを選び、汚れたら洗うなど常に清潔に保ちましょう。スポンジについた汗や皮脂、老廃物、ファンデーションの成分をそのままにしておくと雑菌が繁殖しやすくかぶれの原因となります。

カバーしたい箇所はコンシーラーで

ファンデーションを塗った後でも、特に気になる赤みやあざなどは、無理にファンデーションを厚塗りしてカバーしようとせず、ミネラル系のコンシーラーで部分的に隠しましょう。
あまりに厚塗りすると、クレンジングで落としにくく、肌を刺激する原因になってしまいます。

アトピー肌に適したメイクの落とし方

成分がシンプルでライトなパウダータイプのミネラルファンデーションは、ほとんどの場合クレンジング料を使わずとも、石鹸だけで落とすことができます。
クレンジングでもできるだけ肌を刺激しないためのポイントがいくつかあります。

肌をなるべく摩擦しない

クレンジング料でも、石鹸の泡洗顔でも、お肌をゴシゴシこすらずに、肌と手のひらの間にある洗浄料をクッションにして、滑らせるようにそっとマッサージしながらメイクをなじませましょう。
くれぐれも落ちにくいからといって強くこすらないようにしましょう。

綺麗な肌を作るための洗顔方法はこちら

メイクの濃さによって使い分ける

クレンジング料は一般的に、洗浄力が高いほど肌に刺激が強く、逆に肌に優しいものほど洗浄力が弱いと言えます。ですので、メイクの濃さなどによって使い分けをしましょう。

普段使うクレンジング料はできるだけ肌に優しいものを選びましょう。一番おすすめなのはミルクタイプのクレンジング料です。
しかし、夏場などの強い日焼け止めや、カバー力の高いファンデーションなどを使った場合は、ジェルクレンジングやオイルクレンジングなどの洗浄力高めのものでしっかり落としましょう。
また石鹸で落ちるタイプのファンデーションもありますので活用しましょう。

クレンジング料の使い分け方はこちら

それでも、アイメイクなどのポイントメイクがしっかり目だとクレンジング料を使わないと落ちない時があります。そういうときは、ポイントメイクリムーバーなどを使ってその部分だけ先に落とすなどして、使い分けをしましょう。

避けるべきクレンジング料もあります。ふき取りタイプのクレンジング料です。アトピー肌にとって摩擦は最大の的といっても過言ではありません。洗浄料だけでも刺激になっているのに、さらに摩擦でこれでもか!と痛めつけているようなもの。肌の弱い人は拭き取りタイプのクレンジングはできるだけ避けましょう。

熱いお湯を使わず、38℃程度のぬるま湯で流す

クレンジングをした後は、しっかりと流しましょう。肌に洗浄料が残っていると、肌トラブルの元となります。
流すときも擦らずに、手のひらにお湯をため、肌にパシャパシャと優しくかけて、しっかりと落ちきるまで繰り返しましょう。
お湯の温度にも気をつけましょう。熱すぎると必要な皮脂まで落としてしまいますので、38℃くらいのぬるま湯で洗い流しましょう。

まとめ

・成分がシンプルで刺激のある成分を含まないもの
・パウダータイプのミネラルファンデーションが最適
・ブラシやパフは清潔で柔らかいものを
・クレンジングはメイクの濃さで使い分け、できるだけ肌に優しい方法で

敏感肌にも優しくてカバー力のあるファンデーションの選び方はこちら