【糖質制限レシピ】ささみとアボカドの豆腐ホワイトソースグラタン(小麦粉不使用)

【レシピ】ささみとアボカドの豆腐ホワイトソースグラタン

材料

鶏肉のささみ・・・2〜3本
アボカド・・・・・1個
●木綿豆腐・・・・半丁(150g)
●生クリーム・・・100ml
●昆布茶・・・・・小さじ2
●白ワイン・・・・小さじ2
粉チーズ・・・・・適量
バター・・・・・・10g
ナツメグ・・・・・少々

作り方

①. 豆腐ホワイトソースを作る
木綿豆腐は、ペーパーナプキンを数枚重ねてくるみ、レンジに3分かけて水切りする。

(水切りした状態)

●の材料を滑らかになるまでミキサーにかける(約1分)

鍋に移し、バターとナツメグを加えてひと煮立ちさせる

②. 鶏ささみを茹でる

☆鶏ささみをしっとりジューシーにする茹で方☆
お湯をたっぷり沸かし、沸騰したら火を止め、すぐにささみを入れ、蓋をしてそのまま約8〜10分放置

③. 鶏ささみをひと口大に手でさき、塩コショウをふって下味をつけておく

④. アボカドをひと口大に切る

⑤. 耐熱皿に鶏ささみとアボカドを入れ、豆腐ホワイトソースをかけ、粉チーズをふる

⑥. オーブン(トースターでもOK)で約7〜8分焦げ目がつくまで焼く

調理のポイント・・・鶏ささみの茹で方

鶏肉のささみのしっとりジューシーな茹で方はとても簡単。この機会に必ず覚えてください。驚くほどツヤツヤでしっとりとした茹でささみが出来上がります!

なお、鶏ささみはたくさん茹でて、小分けにして冷凍も可能。解凍するときは、前日に冷蔵庫に入れておけば次の日には美味しく食べられます。

★やりがちな失敗★

よくやりがちなのは、湯に入れて15分ほど茹でっぱなしにするのですが、これだと鶏ささみの中の水分と脂肪分がお湯に溶け出してしまい、パサパサに。

☆美味しい茹で方☆

沸騰したお湯の火を止め、ささみを入れて蓋をし、8〜10分放置するだけ!

豆腐ホワイトソースはローカーボ生活の救世主

ホワイトソースは通常、小麦粉とミルク、バターで作るため、糖質制限中には手を出しにくいはず。でも、食べたいなーっていう時、ありますよね。
そこで、ホワイトソースを豆腐で作ってしまいました。

豆腐は高タンパク、低炭水化物、低カロリー

豆腐はほとんどが水分。ボリュームはあるのに低カロリーで低炭水化物。さらにオレイン酸などの植物性脂肪も含んでいるので、悪玉コレステロールを少なくしますので、バランスの取れたタンパク質食材です。

女性に嬉しい美肌効果も

豆腐の大豆ペプチド・大豆イソフラボンも女性には嬉しい栄養素。大豆ペプチドはコレステロールを下げ、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれるのでエストロゲンの働きを補い、肌の代謝を高め美容効果にも大活躍です。

豆腐ホワイトソースは作り置きしておくと便利

豆腐ホワイトソースのレシピは保存版! 牛乳で伸ばせば、クリームスープになるので、ディナーで残ったソースは次の日の朝スープにどうぞ。
小麦粉で作るとダマになりやすいですが、この豆腐ホワイトソースはダマにならないので安心です。時間が経つと少し固まりますが、火を通せばとろとろのクリームに戻るので、冷めてしまった場合はレンジに数分かけてください。
また、豆腐ホワイトソースは冷凍保存も可能です。このソースをアレンジすれば、ランチにもディナーにもパーティーにも活躍しますね。

筋肉トレーニングをしている人にオススメな「鶏のささみ」

鶏のささみは皆さんもご存知の通り、低脂肪で高タンパク。なので、ダイエット中にお肉を食べるのには向いている食材です。
栄養面でも、代謝アップに役立つパントテン酸が含まれていて、炭水化物やタンパク質、脂質の代謝を助けてエネルギーに変えてくれます。
ダイエットのために運動をしている人も多いと思いますが、筋肉をつけるためには、運動後の30分間にタンパク質を吸収するといいそうです。鶏のささみには疲労回復効果のあるビタミンB群も豊富なので、運動後に摂ると良さそう。

鶏ささみは価格も安く、コンビニなどでも手に入るし、1本1本が使い切れるサイズなので、使い勝手が良い食材ですよね。

知っていますか? 「アボカド」のダイエット効果

超低糖質フルーツである

まず、アボカドはフルーツの中でも糖質がとても少なく100gでわずか0.9gしか糖質がないのでローカーボには最適食材であるということ。

ごぼう1個分の食物繊維がある

さらに、アボカド1個でごぼう1本分の食物繊維も含まれているので、便秘がちになりやすいローカーボ生活では意識して摂取したい食材の代表です。

カリウムが豊富でむくみ防止

アボカドはカリウムが豊富なため、余計な塩分も排出してくれるので、むくみにも効果ありです。

栄養が偏りがちなダイエット中でも葉酸が取れる

アボカドは葉酸が多いことでも有名。葉酸は細胞作りには欠かせない栄養です。特に妊活中の女性には必要な栄養素です。

くすみを今すぐ払拭! なりたい肌別コントロールカラーの選び方

くすみを払拭! コントロールカラーの選び方

気になる肌悩みに合わせたコントロールカラーの選び方を紹介します。

健康的な肌色にしたいときは「イエロー」

どんなくすみ肌にも安心して使える頼れる存在なのが、「イエロー」。黄味のある日本人の肌にスーッとなじんで肌を健康的に若々しく見せてくれるので、コントロールカラー選びに迷ったらイエローを選んでくださいね。

血色感が欲しいときは「ピンク」

なんだか今日顔色悪い? なんて日に使えるのが、ピンクのコントロールカラー。血色の良い幸せな肌色に見せてくれるだけでなく、肌の明るさもUPさせてくれますよ。

赤みが気になるときは「グリーン」

頬やニキビ跡などの赤みをカバーするためにはグリーンのコントロールカラーを選んでくださいね。ただ、一つ注意をしてもらいたいのが、グリーンの色素は人間の肌にもともと持っているものではないので、時間が経つにつれてグレーがかってしまうこともあるということ。そのため、気になる部分にすこしだけという使い方がおすすめです。

黄ぐすみが気になるときは「ブルー」

なんだか老けて見える黄ぐすみはブルーのコントールカラーでカバーしましょう。黄ぐすみをカバーするだけでなく、透明感も同時に得られます。つけすぎてしまうと青白く顔色が悪くなってしまうので注意してください!

透明感が欲しいときは「パープル」

ピンクとブルーのいいとこを併せ持つパープルを使えば透明感が抜群の肌になれちゃいます。パープルの色のイメージ通り、落ち着きのあるエレガントな雰囲気もゲットできますよ。

おすすめコントロールカラー

ピンクはこれ「ヌーディーモア ブライトンカラーUV」

「メイクは下地が8割」
「下地でセカンドスキン(疑似皮膚)を作る」
という目からウロコのコンセプトを掲げる下地専門ブランドの化粧下地です。化粧下地という名前なのですがローズピンクなので、くすみをカバーして肌を明るくしてくれます。それだけでなく、冬でも乾燥しらずで保湿もばっちり、内側から発光するような艶も出してくれるため、文句のつけどころなし! 私が毎日使っていておすすめしたい下地(コントロールカラー)です。

手の甲に出してから指で練り溶かし、3本の指でスタンプして広げるとぱっと顔色が明るくなり、血色感も艶も両立した肌にしてくれます。
ここだけの話、肌の調子が良いときはこの下地とパウダーだけで仕上げても大丈夫なくらい色補正力があるので、ファンデ塗るのが面倒なときはこれだけの日もあります。

「ヌーディーモア ブライトンカラーUV」の詳細はこちら

ブルーはこれ「Dior スノー メイクアップ ベース UV35」

日焼け止めのようなゆるいテクスチャーなので少量でスーッと肌になじみ、黄くすみをカバーして透明感のある肌にしてくれます。Diorの美白ラインと同じエーデルワイスの花のブライトパワーが配合されているので、紫外線防止効果もありますよ。夏はSPF35・PA+++では物足りないけれど、これからの季節にはこれだけで十分です。

伸びが良いのでパール粒大一粒のごく少量でも十分です。くすみを飛ばしてくれて透明感抜群の肌になりましたが、個人的にはなんだか顔色が悪くなった?と感じました。つけすぎてしまうと青白く顔色が悪い人に見えてしまうので注意してくださいね。

Dior スノー メイクアップ ベース UV35の詳細はこちら

グリーンはこれ「RMK ベーシック コントロールカラー」

気になるニキビ跡や小鼻の赤みをカバーしてくれるグリーンは手に取ってみるとしっかりグリーンなのでなじむのかな? と心配してしまいますよね。トラブルがない部分の肌にのせてしまうとたしかに白く浮いてしまうので気になる赤みの部分にだけ塗るようにしましょう。

先ほど紹介した「ヌーディーモア ブライトンカラーUV」を全体に、赤みの気になる小鼻やニキビ跡の部分には「RMK ベーシック コントロールカラー」を塗りました。
ジェル状の伸びの良いテクスチャーなので、薄いづきでナチュラルな仕上がりです。そのため、盛り上がりのある赤ニキビを完全に隠すのは難しいと思います。

RMK ベーシック コントロールカラーの詳細はこちら

コントロールカラーの順番

なりたい肌に合わせてコントロールカラーを選ぶ方法はおわかりいただけましたか?
さて、いざ使おうとなると迷うのが、メイクでコントロールカラーを使う順番ではないでしょうか。
全顔用のコントロールカラーは、化粧下地の役割も兼ねているので、
・コントロールカラー

・ファンデーション

・パウダー
の順序で使ってくださいね。

グリーンのような部分用のコントロールカラーは、
・下地

・ファンデーション

・コントロールカラー

・パウダー
の順序でメイクすることをおすすめします。

くすみは美肌を遠ざける要因の一つ。気になる肌悩みに合わせてコントロールカラーを選んで理想の美肌をGETしてくださいね。

【糖質制限&美肌レシピ】スキレットdeビタミン野菜スパニッシュオムレツ

大人もニキビ・肌荒れが気になり始める春。内側から対策するのが私流。
そこで今回ご紹介するのは、ビタミン野菜、大集合~と言いたくなるメニューです。
水溶性であるビタミンCが煮汁などに流出することなく、スキレットごとオシャレにいただきます。
野菜に色々と手を加えないので、色合いも本当に美しくなります。

朝食にもランチにも、ディナーのおつまみとしてワインと一緒に・・・
どんなシチュエーションにも大活躍なメニューです。

レシピ

材料

  • ☆かぼちゃ・・・・・80g
  • ☆赤パプリカ・・・・・80g
  • ☆黄色パプリカ・・・・・80g
  • ☆ブロッコリー・・・・・80g
  • ☆ズッキーニ・・・・・80g
  • ミニトマト・・・・・5個
  • 卵・・・・・3個(小さい場合は4個)
  • 昆布茶・・・・・小さじ1
  • パルメザンチーズ(粉チーズ)・・・・・大さじ2
  • アボカドオイル・・・・・大さじ2

作り方

①材料の野菜を切る

☆の野菜はひと口大に切る。ミニトマトは縦半分に切る。かぼちゃは、ラップで軽く包み レンジに1分かけ柔らかくする。

②卵を混ぜる

ボールに卵をほぐし、昆布茶とパルメザンチーズを入れて良く混ぜておく

③材料を炒める

スキレットにアボカドオイルを熱し、まずはブロッコリーとズッキーニを2分炒める。その後、パプリカ・かぼちゃも入れ軽く混ぜ炒める。

④卵を加えて蒸し焼きにする

③に②の卵液をまんべんなく回し入れたら、蓋をして中火で3分蒸し焼きにする。少し半熟でもスキレットのまま食べるので火が通っていきます。

⑤最後にトマトを飾る

アボカドオイルでトラブルのない肌へ

オイルは、アボカドオイルを使用。
アボカドオイルに豊富に入っているビタミンE・ミネラルがトラブルのない肌へと導きます。
また、ビタミンEは結構を促進して新陳代謝を活発にします!
代謝を上げることで、肌の根本から押し上げてニキビの修復を促します。

今は色々なオイルがありますが、アボカドオイルは熱を加えても効能が高く、さらに、味にくせがないので、何の料理にも使えるところが嬉しいです。

オリーブオイルの次に、家庭に1本となるオイルかもしれません。

ビタミン野菜を豊富に取り入れられる

今回たくさん使用した、ビタミン野菜。
パプリカはビタミンC含有量1位。
かぼちゃは緑黄色野菜の代表、ビタミンAの王様。
そしてビタミンCたっぷりのブロッコリー。
最後には美白の女王のトマトも加えました。

スキレットごと食べてビタミン取り逃がしナシ!

ビタミンB群、Cは水溶性ビタミンと言われ、水に溶け出しやすい性質を持っています。そのため、茹でたり、鍋で煮たりすると、煮汁に溶け出してしまい、せっかくのビタミンを取り逃がすことがあります。
そこで、今回は水を使わず、スキレットごと焼いたものをいただくので、無駄なく取り入れることができます。

もし、スキレットがない方は、フライパンでも出来ます。
スキレットはニトリで500円前後で手に入ります。
この機会に購入してみてください。